NUC10i7FNHを購入して、Hyper-V環境を構築するための備忘録

2018年は、スマートウォッチ元年、激闘の日々
2019年2月、ついにiPhone、Apple Watch Series 4購入
NUC8i7HVK とCore i9が発表されていろいろ悩んで早3年
Core i9-7980XE の18コア36スレッド! 強烈!価格もだけど
NIKE+ と 情報処理安全確保支援士の受験戦記など、雑記も

NUC6i5SYH 購入予定 構成を考える。

しがない家庭持ちのSEでは、
簡単に買い替えられないので
無駄な時間とわかりつつ、部品構成を
価格com等で検索。

当たり前だけど、そんなに価格は下がらない。

でも、価格comより安く、Amazonでヒット、
ベストゲート一覧の価格が安かったり
ただいま困惑中、、、

いったいどこで買うのが安いのか、、、

2.5 inch HDDはだいぶ値段がこなれてきたので
妥協すればもう少し安く購入できなくもないけど
中途半端感がでてしまうなー

DN2820FYKH で初めてSSDを購入してみたが
ベンチマークしなくてもOSの起動や操作感が
速くなった気だ感じられるので
どうせ買うならSSDで構成したくなる。

OSの起動に関しては、同じOSで比較しておらず
Windows Server 2012 R2 の性能の向上が
効果をだしているのかもしれない。

DN2820FYKHのSSDに配置した
Hyper-V 仮想マシンの動作もわりとストレスがない。
メモリ8Gが上限となってしまっているのと
CPUのスペックがボトルネックになっているのは明らか。

この制約を、NUC6i5SYHで解き放ったら
どうなるか非常に楽しみ!

さらに、PCIeのM.2が接続できるとなると
2.5 inch SSDはないよなー
すると価格上昇、、、

つなぎでと、割り切っていたので
DN2820FYKHは、すぐいじりたかったので
秋葉原のArkで、
本体、SSD、メモリ、USB Hub、HDD ケースを購入した。

SSDとM.2(PCI-Express)の価格もっと下がって~~
Table - コピー
このエントリーをはてなブックマークに追加

1、2年ぐらい前に
Exchange Online 、Windows Intune 等で
Android、
iPhone
のリモートワイプをどうしても試したくなった。

だけど、
タブレットもスマホを持っていない。

光iフレームはあるけど、頑張ってみたけど
うまくいかなかった。

そこで、
少し調べるとAndroidが、
Hyper-Vの仮想マシンとして
稼働できることがわかった。

Android環境を構築して
Exchange Onlineからリモートワイプ実行するところまでは
できたが、再起動が途中で失敗しているようだった。
初期化しました、なので再起動します、
このあと無限ループで先に進まない。
あと、当時のメモが出で来ない、、、

でも、リモートワイプ実行、初期化完了まで
見ることができたので、それ以上の検証はしていない。
再起動完了できなくても、リモートワイプの指示が
Androidに届いたところまでで、今回は良しとした。

これ以上は、やはり物理機の用意が必要かなと、、、
お金がないので終了ー

Office365の契約も切れてしまったし、、、

SCCMで、クライアント端末管理の検証として
Mac OS もHyper-V で稼働できればいいのだが、、、
当時、情報としてあったのがVMPlayerで
稼働されることができるような記事があった。

Androidは、よくわからいので
リモートワイプ検証にMUSTではないので
固定IP設定を断念

DC兼DHCPサーバから、IP配布

このAndroidは、
SCCM2016でクライアント管理の検証で
活躍してくれるだろう!
クライアントとしてMac OSも含めたいなー

SCCM2016は、
現行の環境か
NUC6i5SYH
どちらになるのだろうか、、、
Image 1- コピー

Image 2 - コピー

Image 3 - コピー

Image 4 - コピー
Image 5 - コピー
Image 6 - コピー
このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと脱線した投稿

蒙古タンメン中本の初代が営業していた店の
そばの高校に通っていた。

友達が北極が好きで、2回ぐらい行ったが
蒙古タンメンを食べたと思うんだけど
クーラーもなく(30年近く前なので30度越えは少なかったと思う)
学ランを着て食べると汗ばんだ記憶が
かすかにある程度で、味まではっきり覚えていない。

覚えていないというより、
当時は辛いものは嫌いではないが
唇、喉が痛くなって味がわかる余裕などなかった。

このような感じで、好きでも嫌いでもない状態で
しばらく時間がたった。

いまから20年位前に、中本が新宿にできたと聞き
セミナーの合間の昼休みに食べに行った。
恐る恐る頼んだ、味噌タンメンでも辛くかなりてこずった。

30年近く前の中本は、町の中華屋という雰囲気だったので
あの中本がチェーン展開したんだと思った。

そして、2014年くれぐらいかな、セブンイレブンで中本のカップ麺が
売っていたので買ってみた。

ここから、はまったんだよね。

割と頻繁にカップ麺を食べていたので、高校当時を思い出し
店でだす中本を食べようと、またセミナーのついでに
品川店で、カップ麺で少し慣れたので、ついに
北極デビューをした!!
このとき、さすがに多少の不安から半北極にしようと思ったので
半蒙古丼セットの選択となった。

半蒙古丼にはまって、2015年はほぼ毎週食べたんじゃないのかなー

あと、
最近の中本の社長が、高校当時の店主でなかったので
屋号だけ引き継いだのかと思い、
チェーン展開もうまくいっているようなので、商才がある人が
うまくやったのかなと思っていたら
二代目は初代の店に通い詰めていた常連で、店を閉めることを聞いて
初代を説得、初代の下で修業をして現在に至るそうです。
(店内にこの辺の経緯が書いてある漫画がおいてあった)

この投稿を書いていたら、また、、、

このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年は、以下の数値目標を設定している。

  • 体重   60 kg
  • 体脂肪  10 %  せめて2桁台

この20年ぐらいで、徐々にやな脂肪を
つけてしまったみたいだ、、、

特に去年 2015年は、

蒙古タンメン 中本の 
辛い麻婆豆腐と辛い豚肉の中毒になった。
(ほぼ毎週食べた

半蒙古丼半ラーメンセット(半北極ラーメン) 

スーパードライ

目黒店の缶のスーパードライはキンキンに
冷えていて最高!! 
値段も缶なので控え目の設定がうれしい!



相当内臓に、脂肪をつけてしまったみたいだ、、、

MembersCard - コピー
個人的な考えとして、腹いっぱい食べても
その分、運動をすればいいという考えだったし
腹いっぱい食べないと気が済まなかった。
食べないと体力が落ちるような気がするし、、、

数年前は、1~2週間走れば、1、2 kgはすぐ落とせたが、、、

困った事に、
ついにこの考えを
改めないといけない事実が、、、

最大72 kg ほっとくと80 kgに迫る勢い!!!
adaa6304.png
最近の昼は、そばだけにしている。
ただこのそばも割と多く、700 kcal 程度あるので
食事制限としてはいかがなものかと思うが、
以前は定食、ご飯大盛りを考えると
進歩したと思う。

ついに食事制限まで始めたが
よるポテトチップスと菓子パンを
食べる悪い習慣化しそうな状況、、、

摂取カロリーを、凌駕する走り、水泳をしようっと !!
(食べ過ぎが一番の改善点とわかっちゃいるけど、、、)

このエントリーをはてなブックマークに追加

基本的にはOSのクリーンインストールから
行いたいが、、、
結構時間がかかるかもしれないので
どうするかメモを書いてどうするか
判断しなくては、、、

でも実は、OSのインストールうんぬんの前に
DN2820FYKHをどんな役割で使用するかなんだよなー

というのは、次に購入するNUC6i5SYHの性能を
フルにHyper-V環境に割り当てるのであれば、
DN2820FYKHをこのまま通り、普段使いで使用すればいい。
でも、せっかくパワーアップした環境を毎日すぐ使用できる
普段使い環境と兼用したくなるんだよなー
となると、Office、Outlook、iTunes等普段使いで
必要なアプリ、データ移行
OS
の移行が必要となる。

ひとまず、
DN2820FYKHのソフト一覧でもつくるかな

少し書いておくと、諸般の事情で

Windows Server 2012 R2 上で
AD DS   
Hyper-V
Office 2013

ここからが、、、よく動いているな系

DAEMON Tools Lite
iTunes 12.0.12.6    
Kindle
SFCard Viewer 2

投稿して気づいたのだが、
ソフトよりもドライバのほうが面倒だなー

基本、NUC、サーバOSサポートしてないから、、、

DN2820FYKHでも、
Windows Server 2012 R2 で
Bluetoothが使用できなので
どなたか、ご存じでしたらコメント頂けると幸いです。
(あまりに、トリッキーすぎると困ってしまいますが、、、)

Bluetoothが使用できれば、Bluetoothのイヤフォン
使用してみたいなと、、、

イヤフォンをWirelessにするとずいぶんすっきりすると
想像している。
なぜなら、キーボード、マウスをWirelessにしたとき
なぜもっと早く買い替えなかったのでろうと思ったから。

下図がおそらくBluetooth 

Image 17 - コピー
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ