【スポンサードリンク】

なんか、フォルダ操作が遅いなと思っていたら、、、

くー  USB 3.0 HDD が、、、
W:¥ のサイズが見れない、、、ぞっとする そしてやな予感
Drive01

ドライブを開こうしたら、、、
ErrorMsg

USB 3.0 3.5インチHDDケースを
DN2820FYKH に接続したまま
再起動すると、ディスクが見えなくなり、、、
RAWフォーマット状態になった。
しばらく調子がいいと2週間ぐらいは普通に使えていた。

でも、安定しないので 、USB 3.0 3.5インチHDDケースは
DN2820FYKH で使用するのをあきらめ
Dell SC420 に接続した。 

この決断までに、
何度も
フォーマット
chkdsk
電源オプション
 等

無駄な時間をどれだけ使ったか、、、
NUC6i5SYH には、
内臓SSDで、1T にしたいよ、、、早く安くなれ――(祈)

直接HDDを接続していれば大丈夫だと思い、
実際 4か月は全く問題なかったのに―

復元作業開始!

chkdsk w: /R

約 3 時間でコマンド完了。
chkdsk_R
Drive02

フォルダ構造が変わって、データだけ回復した事もあったが、
ただ、今回の症状は軽かったようだ。

Event Log も、エラー55 は止まった。
ハード障害ではなかったようだ。

よかった~

ドライバ周り、修正プログラムを
以下サイトを見ながら、確認しよっと。

このドライブに、システムバックアップ
の保存場所に考えていたのに
ちょっと不安だなー。
別の場所と、二重化するかな、、、

■参考情報
Microsoft 社員ブログの情報
ソース : NTFS、ID: 55 のイベント

■イベントログ
タスクのカテゴリ:      なし
レベル:           エラー
キーワード:        
ユーザー:          SYSTEM
コンピューター:    NUC2820
説明:
ボリューム W: のファイル システム構造で破損が検出されました。

ファイル システム インデックス構造に破損が見つかりました。
ファイル参照番号は 0x5000000000005 です。ファイルの名前は "<ファイル名を決定できません>" です。
破損したインデックス属性は "::$INDEX_ROOT" です。

■コマンド実行
chkdsk w: /R

【スポンサードリンク】
念の為
Windows Server Backup で
Bare Metal Backup (システムバックアップ)
1回だけ取得しておく。

ただバックアップ先のボリュームにも
Hyper-Vの仮想マシンが格納されていた為
その仮想マシンのデータがバックアップできなくて
エラーが発生。

しかし、このボリュームは、バックアップ先のボリュームなので
バックアップの除外になっている。

そのため、上記エラーは、仕様通り。

また、
DN2820FYKHはドメインコントローラ兼Hyper-V環境。
ドメインのコンピュータアカウントもパスワードを持っていて
90日以上、DN2820FYKHと通信しないと
ドメインの再参加が必要になったり面倒。

System Center Data Protection Manager 2010
System Center Data Protection Manager 2012 R2

も構築してあるので、ちゃんとBare Metal とっておくかな、、、

wbadmin
wbadmin_Result