NUC8i7HVKを購入して、Hyper-V環境を構築するための備忘録

2018年は、スマートウォッチ元年、激闘の日々
2019年2月、ついにiPhone、Apple Watch Series 4購入
NUC8i7HVK とCore i9が発表されていろいろ悩んで早2年
Core i9-7980XE の18コア36スレッド! 強烈!価格もだけど
NIKE+ と 情報処理安全確保支援士の受験戦記など、雑記も

カテゴリ:NUC > NUC8i7HVK

【スポンサードリンク】
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DOS/V POWER REPORT (ドス ブイ パワー レポート) 2018年 08月号 [雑誌]
価格:1380円(税込、送料無料) (2018/8/2時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DOS/V POWER REPORT (ドス ブイ パワー レポート) 2018年 09月号 [雑誌]
価格:1380円(税込、送料無料) (2018/8/2時点)

【スポンサードリンク】

Intel NUC8i7HVK
投稿が滞っている間に、
NUC8i7HVKが発売された!
個人的には、ドクロのLED、さらにLEDの発色のカスタマイズとか
どうでもいいからもっと価格抑えてもらったほうが嬉しい。

現時点、2018/08/01では、NUCで一番のスペックだろう。
価格の面でも、、、
何しろ高いなー、個人的に
設置、省エネスペース観点では目を引くが、発熱、拡張性を鑑みると
約12.5万は高い!
ダウンサイジングにコストが掛かるのは理解できるが
庶民の私にはこの値段は、、、
ブルジョアか、設置スペースの選択肢がなく購入している方でないと
なかなか手で出にくいのではないのかと、、、

IntelがNUC製品で、どういったターゲットを狙っての
NUC8i7HVK 投入なのかがよくわからない。

私が好きにな、お弁当箱タイプは
サイズが小さいので、発熱等、
解決するのにコストが掛かったり
物理的に限界をむかえているのかもしれない。

なぜなら、ダウンサイジングにこだわらなければ、
NUC8i7HVK と同等の金額か+αすれば、
BTOデスクトップが買えるからだ。

ある程度、資金はたまってきたのだが
なぜか最近、BTOデスクトップを
購入するのに躊躇している。
下手すると、予算オーバ20万コースになるのを
本能的にビビっているのか、
マシン構成とか考えるのが憂鬱、、、

少し弱に気になって、
Intel Pentium Silver J5005がのっている
NUC7PJYHが2.3万程度で売っているので、
所有しているNUC DN2820 を少しパワーアップしようかな
とか考えだした。

じゃんぱらに電話で聞いたところ
NUC DN2820は、3,500円ぐらいでで売れるかもしれないので、、、

Intel Pentium Silver J5005 
Hyper-Vはいけそうだし
EPT対応!これで、Windows 10、Windows Server 2016
でHyper-Vは稼働できるはず。
Hyper-Threadは対応していなが、
一応物理4コア、DN2820の2倍だ。

PassMarkのベンチだと2987なので、DN2820の3倍。

メモリの上限8Gと、コア数がもう一声ほしいが、
要確認だがDN2820で現在使用している
メモリ8GとSSDが流用できれば
2.3万の出費で抑えられるのは嬉しい。

だが、けちってちまちまやって
やれあれができない、これができない系にはまりそうな気がする。

中華スマートウォッチで久々にやってもうたし、、、
SONY Bluetoothイヤホン買ったのだが、
Bluetoothのバージョンが、かみさんのおフルXperiaが
4.0と古くてペアリングしない、、、

話は脱線、情報の鮮度も古いが
NUC8i7HVKのベンチの記事が
DOS/V Power Report 2018年8月号に2ページほど
そこそこの評価で掲載されている。

DOS/V Power Reportは、1,300円とやや高いが
1か月でこれだけの記事、情報を集めるのは大変だと思うし
THE LAST パソコン雑誌なのでこれからも頑張ってほしい。
何気に、この1年ほぼ電子版ではなく
雑誌版で毎月購入してしまった。

【スポンサードリンク】
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DOS/V POWER REPORT (ドス ブイ パワー レポート) 2018年 08月号 [雑誌]
価格:1380円(税込、送料無料) (2018/8/2時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DOS/V POWER REPORT (ドス ブイ パワー レポート) 2018年 09月号 [雑誌]
価格:1380円(税込、送料無料) (2018/8/2時点)


NUC8i7HVK

IntelのNUC公式サイトに、NUC8i7HVK の
ページが作成されているのに、気づいた。

NUC6i7KYK (3) の後継モデルが
開発されているという情報はだいぶ前から知っていたが、

ここ最近、インフルエンザB型にかかったり、
仕事が妙に忙しくなり毎日0時ぐらいの帰宅になったしまい
なかなか投稿できなかった。

NUC6i7KYK (3)は、現時点でNUC唯一の物理4core8スレッド、
他のNUCと比べると高さが1/2、幅が2倍のの筐体が特徴。
また、個人的には、、、だが天板にドクロのデザインがされている。
ドクロなしの交換用天板も付属しているらしい。

予想 発売時期
特徴
仕様
気になる点


予想 発売時期
発売時期に関しては、ここ数年のNUC発売の傾向からすると
ゴールデンウイーク明けか、6月初旬な気がする。

特徴
NUC6i7KYKの後継モデルとなり、繰り返しになるが
他のNUCと比べると高さが1/2、幅が2倍の筐体。

ざっとの確認だが、CPUとグラフィックの
仕様変更以外だいたい、NUC6i7KYKと同じ
メモリの仕様は変更なく最大32G。

ただ、このディスクリート・グラフィックスの
仕様変更は大きい!

AMDのRadeonディスクリートGPUと
広帯域メモリHBM2を組み合わせて
CPUモジュールとして提供する。

もともと、NUC6i7KYKから計画されていたのか
このCPUモジュールは、RadeonとCPUが横並びで
横長の筐体に搭載するのにぴったりな感じがする。


仕様
CPUのスペックにの違いで2機種存在している。

CPU
インテル® Core™ i7-8809G プロセッサー
インテル® Core™ i7-8705G プロセッサー

以下共通、主要な仕様を記載した。

ディスクリート・グラフィックス
Radeon™ RX Vega M GH graphics

メモリ
最大32G

M.2 SSD 2基
ダイレクト I/O 向けインテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (VT-d)
TPM搭載
NIC 2ポート
WIFI

気になる点
価格
これだけの仕様となると、以下投稿の通り
もともと本体が66,000円と安くはなかったから
本体だけでいったいいくらになるのかが心配。

メモリ32G、M.2 を購入したらあっという間に
150,000円ぐらいは行ってしまうだろう。



これだけの金額を払うなら、BTOでデスクトップマシンを
買ったほうがいいのではないかと最近思ってしまっている。

EPT対応
個人的には
何はなくともEPT搭載でなければ、Nested-Hyper-V環境が
構築できないので、購入する意味がない。
NUC8i7HVKは、EPT搭載。

More Power
また、最近は並列処理も含め、More Power 指向なので
デスクトップの筐体がやはり必要なのかなと。

さらに、Xeonのラインナップ体系も刷新されているのも知って
Xeon2基搭載にも少し心が揺れている。

なんでこんなにぶれぶれなのか考えたところ
現在、PC購入にあたり、要件定義が
まったくされていないからでと気づいた。
実質定義できているのは、予算の上限ぐらいか。

要件定義がぶれぶれ、怖い怖い。

これから、どこに金額を振るか
費用対効果を比べてみようと思った。

NUCの小ささは魅力なのだが、
やはり高いんだなー

あと、NICが2ポートとWIFI。
3系統もゲーム用と購入する人は、どのような使い方するのだろうか?
チーミングして、2Gbpsの帯域を確保するのだろうか。

私は、Hyper-V環境のネットワーク周りで、iSCSIも使用するので
2ポートあるのは助かるが。
NUCDN2820FYKH (11) はUSBのNICを接続して2ポートとして
家庭内で無線LAN環境は構築済だが通信速度が大してでないので
WIFIは無効にしている。

IntelがAMDのGPUを統合した背景、計画、戦略
技術的な解説がわかりやすい。
私は、技術的解説がついていけてないが、、、

ただ、ディープラーニングやAI関連で、GPUの存在は
無視できないと個人的に思っているので
少しずつGPU周りの知識も習得しようと思った。

【スポンサードリンク】
楽天
※電子書籍

↑このページのトップヘ