NUC8i7HVKを購入して、Hyper-V環境を構築するための備忘録

2018年は、スマートウォッチ元年、激闘の日々
2019年2月、ついにiPhone、Apple Watch Series 4購入
NUC8i7HVK とCore i9が発表されていろいろ悩んで早2年
Core i9-7980XE の18コア36スレッド! 強烈!価格もだけど
NIKE+ と 情報処理安全確保支援士の受験戦記など、雑記も

カテゴリ:NIKE+ > スマートウォッチ

【スポンサードリンク】


NIKE RUN Club on Ticwatch Sで初走
無事にGPSのルートデータも取得でき
安心できたが、、、

課題はやはり、バッテリーの問題!!

上記投稿の繰り返しになってしまうが、
2時間以内しか走らない人には、このTicwatch Sは
軽いし、作りもしっかりしているのでいいと思うが
バッテリー問題が、、、

まだ、30km 、3時間程度が最長だが、
このペースではバッテリーがもたない、、、
フルマラソン42.195km を目指しているの厳しー
2時間以内に走ったら、世界記録だよ、、、

ということで、さらにドツボにはまって
TicWacth Proに可能性を託す!
標準のバンドはいまいちになので
白のバンドを購入。
いろも、黒と銀を迷い銀をアマゾンで購入。
購入後、キャンセルして黒にしようと思ったが
この注文は一度注文したら変更ができないので
注意が必要。
やっぱり黒だったかなー。

Ticwatch Proはいまのところ
発熱の心配はない。

今まで壊れた中華スマートウォッチは
充電中、充電完了後、本体が妙に熱かった。
デザインが割と気に入っていたKW88は
返品して2個使用したが、いづれも
本体が妙に熱くて大丈夫か!?って思っていたら
やっぱりこわれた。
デザインは、TAG HEUER 
みたいでかっこよかったのだが、、、

【スポンサードリンク】

これまで購入してきた中華スマートウォッチも
心拍数を計測できたが、
NIKE RUN Club アプリから心拍数を
記録、表示できなかった。

ついに、Ticwatch Proで心拍数の計測も可能となった!

が!!

バッテリーの問題!!
解決せず。

バッテリーの持ちは、
最近サボり気味で、1時間程度しか走っていないので
せいぜい、2時間から2時間半の計算。

to be continued...

【スポンサードリンク】



【スポンサードリンク】

【スポンサードリンク】
NikeRunClubonTicwachtS2

2018年12月19日
NIKE RUN Club on Ticwatchで初走!

結構、Ticwatchにmp3を再生できるようにするのも
苦労したが、この件は別途投稿しようと思う。

結果として
興奮!うれしいこと

解決しないといけない課題が、、、

課題はやはり、バッテリーの問題!!
Bluetoothイヤホン+NIKE Run Club 起動していると
2時間ぐらいしかバッテリーがもたない、、、

2時間以内しか走らない人には、このTicwatch Sは
軽いし、作りもしっかりしているのでいいと思うが
バッテリー問題が、、、
このTicWatchはmobvoiという
もとGoogle社員が起業した会社らしく
Googleも出資しているらしい。
そのおかげなのか、作りはこれまで購入した
中華スマートウォッチの中で
  • デザイン
  • 品質(本体発熱、筐体の精度、素材)
が一番いいし、なんか安心できる。

KW88はデザインは、かっこよく
なにげに気に入っていた。
が、充電中、本体が妙に熱くなっていた
大丈夫か?と思ったものだ。
あとから知ったが
TAG HEUERに妙に、、、


【スポンサードリンク】


Ticwatch Sはいまのところ
発熱の心配はない。

以下、経緯と課題は後半に記載。

走り初めのカウントダウン 3 2 1
ワークアウトを開始しました と音声が!

そのあと、走行距離が徐々に大きくなっていく
ことで少し安心。

今まで壊れた中華スマートウォッチは
数値がカウントアップが(増加)なかなかしないときがあった。
そういう時は、計測がカウントアップしてから記録されるので
折角走った距離がロストしてしまう。
GPSの受信状態が悪いと、このような状態になるような気がする。
何度か、中華スマートウォッチを立ち止まって
再起動したりした。
あと、カウントアップしていても
距離は記録されているが、
GPS走行ルートがロストして、2、3km 走ったあたりから
記録され一筆書きにならなくて、うーんって感じ。

そして、次の緊張ポイント。
走り終えて、終了ボタンを押下する時!

無事に、ワークアウトが
Ticwatch S からWIFI?富士通Arrows M02 Bluetooth経由?
でアップロードできた。

まず、TicwatchでRUN終了のボタンを押すときに
緊張が走る。

ドキドキしながら富士通Arrows M02で
NIKE Run Clubを開くと!

いつに、理想形の形で走ることができた!

スマートウォッチ + Bluetoothイヤホン
さらに
心拍数
も記録することができるようになった。

これまで購入してきた中華スマートウォッチも
心拍数を計測できたが、
NIKE RUN Club アプリから心拍数を
記録、表示できなかった。

楽しみなのが、NIKE RUN Club設定に高低差
とあることだ!

そしてここからが、課題
バッテリーが、じぇんじぇん持たない、、、(涙)

その後、何回か充電、出撃してみたが、
だいたい、
1時間走っただけで50%消費している。

単純に計算すると
2時間、私のペースだと20KMしか
バッテリーがもたないということだ、、、

何度か20Km越えをしていて、
最長30km越えもした。

フルマラソン、42.195Km越え目指しているのに、、、
つまり、5時間ぐらいバッテリーはもってほしいのだ。
10Km走る時、中華スマートウォッチで
20、30Km以上走る時、富士通Arrows M02じゃ
逆だろ、、、

2時間以内しか走らない人には、このTicwatch Sは
軽いし、作りもしっかりしているのでいいと思うが
バッテリー問題が、、、

to be continued...

【スポンサードリンク】


【スポンサードリンク】

【スポンサードリンク】

NikeRunClubonTicwachtS1


【関連投稿】





上記、NIKE Run Club そこそこ安定運用中
の記事を書いていた時衝撃!!
ついに!
Wear OS版のNIKE RUN Club
がリリースされていた!!
気づいたのは2018年12月14日

NIKE Run Clubのお知らせか、
なんとなくGoogle Play ストアで見たか
忘れてしまったが、興奮した!

本当に、2018年スマートウォッチに始まり
スマートウォッチに終わるって感じだ。

実は、この中華スマートウォッチ
Ticwatch S は、2018年5月29日にアマゾンで購入している。

NIKE Run ClubアプリがWearOSへの対応の記載が
微妙だったので、賭けに出たのだが、、、
無理くりインストールできないかチャレンジしたが
返品という結果となった。

そのあとは、中華スマートウォッチと格闘して
最終的に、富士通Arrows M02を購入。
キャリア、格安スマホ回線も契約せず
NIKE Run Clubデバイスとして使用している。

そう、まだ電話ができるスマホなく
ガラケーで頑張っている。
月々¥2,300円程度auに払っている。

ただ、最近はPDFファイルを隙間時間に見たり
歩数計の為、富士通Arrows M02を持ち歩いている。
なんだか、自分でもわけわからなくなってきた。

格安スマホ回線を契約すれば、今の携帯代で
スマホ環境に移行できる。

ドコモに乗り換えれば、iPhone も本体代
30,000円程度と半年ぐらい前に調べた時もある。

話を戻すと、やりたかったことは
スマートウォッチ+Bluetoothイヤホンで
NIKE RUN Clubでワークアウトデータを
アップロードしてほくそ笑むこと!

ついに、今日今から出撃しに行く!!

楽しみなのが、NIKE RUN Club設定に
心拍数とあることだ!

to be continued...

以下 
NIKE+の遍歴の備忘録
Creative mp3 playを落として
どうしたものかと思っていた時
美容室で読んでいたMONOマガジンあたりで
NIKE+Connectを知り衝撃を受け
速攻、iPod nano 4thを購入。

iPod nano 4th で出走開始

iPod nano 5th  に買い替え

NIKE+Connectのサービスに伴い
中華スマートウォッチで出走
GPSでマップに走行した経路が
記録され俄然盛り上がる。
だが、すぐ壊れて、、、

かみさんのおフルXperiaを
ウエストポートに入れて出走

公式なアナウンスはないが、
android 4.4のサポート切れ!?
かみさんのおフルXperiaで
NIKE RUN Clubで動作しなくなる。

さらに、中華スマートウォッチを購入
だが、すぐ壊れて、、、

富士通Arrows M02を購入
防水機能を必須としてので
2万弱の投資。

ついにTicwatch S+Bluetoothイヤホンで今夜出撃!!

概要はこんな感じ
詳細を、過去の記事で読んで
頂ければ幸いです。

【スポンサードリンク】


【スポンサードリンク】

【スポンサードリンク】
NIKE_RUN_CLUB_Activity

キャリア回線契約をしていない
NIKE RUN Club 専用機となっている
上記、写真の富士通Arrows M02で
そこそこ安定運用中。

年間2,000 Km程度走っているので
2019年には、10,000 Km突破予定!

かみさんおおフルXperiaを使って
頑張ってみたものの、、、

【参考記事】


3か月、2回GPSデータアップロード失敗したが
1回はWorkOut完了後、
データアップロードするのを忘れてたせい。
アップロードしたつもりで寝てしまって
8時間後にアップロードしたのだが、
アクティビティ表示でナイキマークになってしまっている。
でも、詳細画面に遷移すれば、GPSデータは表示できる。
なので、実質1回GPSデータアップロード失敗した。

少しよさんオーバだったが、
富士通Arrows M02は、防水機能があるので
雨が降りそうだから出撃をやめたり、
雨が急に降ってきてiPod nano 5thと
有線イヤホンが壊れないか心配しなくてよくなった。

有線イヤホンも、Bluetoothイヤホンに
したのだ!
Sony_WI-SP500

そう、もう雨に、天候に左右されなくなった!

なんか、7月頃Amazonで買ったんだけど、
1,000円ぐらい値が下がってるなー

ワイヤレス最高!!

【スポンサードリンク】

【スポンサードリンク】

SmartWatch

まるで、
フォースを使えいないのに、デススターの
トレンチをXウィングで疾走しているようだ。

そう、まだ悪あがきをしていたのだが、
結論としてはNike Runnig Club アプリを
使用できる状態になっていない。

インストールは成功したのだが、、、

KW88が壊れた後、Banggoodという
中華サイトでスマートウォッチを合計2個
購入した。

経緯としては、Amazon、楽天だと
種類が少なく、価格が高いという点から。

だが、中華スマートウォッチの品質面で
非常に苦しめられている。

時間と手間暇を鑑みると、
既にiPhoneを持っている人は、
素直にApple Watch を購入するのが
無難だと思った、、、

中華スマートウォッチも
Android と iOS両方に対応しているが
キャリアと契約していなので
メール転送、通話関連は検証できていない。

上の写真は
Microwear H5 4G 
KW88が壊れた後、購入した中華スマートウォッチ。

インターネットで
FINOW Q1 Pro Android6.0 という
中華スマートを知った。

KW88は壊れなければ、
デザイン、操作感などかなり満足していたのだが、
バッテリーの持ちが悪すぎる。
Nike Running Club アプリ+GPS使用で
最長1時間程度しか使用実績がない。
画面の光度をもう少し抑えたらどうなのか
確認しようとした矢先、再起動を繰り返す故障。

Microwear H5 4G は
Youtubeの動画でGooglePlayを使えそうなことを
確認したのだが、、、
ファームウェアのバージョンアップで
GooglePlayのURLへのアクセスが
ハードウエアでブロックされているみたい、、、
あとから、確認したら
Banggoodの製品紹介ページにも
明示的にGooglePlay Supportの文字はない、、、

紛らわしい、中華アプリの画像があるが
確かにGooglePlay Supportの文字はない、、、

現在、唯一起動できる中華スマートウォッチ。

仕様の確認不足、、、約9,000円の勉強代。

FINOW Q1 Pro Android6.0 なら、
私がやりたいことのシステムは満たしていただけに
急遽、Microwear H5 4Gにしたことが
悔やまれる。
Microwear H5 4Gは、防水機能もないことも
見落としていた、、、

しばらく時間が経過し
【過去投稿】The Last 中華スマートウォッチ
壊れた後、

確かAndoroidに
インストールしているアプリは、
.apkという圧縮ファイルを展開して
インストールしていたはず。

ということは、どこか一時領域的な場所に
残っているのでは?と思い調べてみた。
GooglePlay以外からインストールできないのか?

調べてみると、
Andoroid環境は、インストールされたアプリを
抽出することができるとのこと。

かみさんのおフルXperiaから抽出成功!!
以下、その手順の備忘録。

だが、現在、Microwear H5 4Gでは
Nike Runnnig Clubアプリは使用できていない。

インストールは成功、特にエラーは表示されないが
動作しない。
上部の画像から、ログインボタンを押すと
画面が真っ白のまま何も起きない。

ふと思った。
GooglePlayが使えなので
GoogleMAPともろもろインスト―されていない

Google系のモジュールを同様の方法で
インストールすれば!

淡い期待だった、、、

よくよく考えれば、
XperiaはAndoroid4.4
Microwear H5 4G Andoroid6.0
動作しなくてもしょうがないか、、、

メインストリームをはずれた作業は不毛だ、、、
機械いじり、試すことは
嫌いじゃないけど俺はマゾか!?
って思うときがある、、、

ただ、動作した時、接続できた時の満足感は悪くない。

早く給料あげて投入できる予算を上げたいところだ、、、

というわけで、
一旦デススターのトレンチからは離脱。
ウェッジは渋い

to be continued...

■準備
1.事前にWindows環境にadb-setup-1.4.3.exe
をインストールしておく。

2.スマホ、スマートウォッチに接続できる
  USBケーブルを用意しておく。

3.スマートフォン、中華スマートウォッチともに
  開発者向けオプションを有効化

 設定-端末情報-ビルド番号 を7回タップ
 あなたは今管理者になりました。の表示を確認

4.スマートフォン、中華スマートウォッチともに
  開発者向けオプション-USBデバック オン


■apk抽出

1.対象アプリがインストールしている環境で
  コマンドプロンプトでコマンドを実行して、
  インストールされているアプリ一覧取得


  adb shell pm list packages -f

  C:\がカレント

2.apkをPCに出力

 adb pull /data/app/com.nike.plusgps-2.apk

 私の環境は以下がNike Running Club アプリ 
 package:/data/app/com.nike.plusgps-2.apk=com.nike.plusgps 

 adb_pull_apk

3.中華スマートウォッチをPCに接続して
 Nike Running Club アプリ インストール


 adb install -r com.nike.plusgps-2.apk

adb_install_apk

【スポンサードリンク】【スポンサードリンク】

↑このページのトップヘ