NUC10i7FNHを購入して、Hyper-V環境を構築するための備忘録

2018年は、スマートウォッチ元年、激闘の日々
2019年2月、ついにiPhone、Apple Watch Series 4購入
第11世代のCPU、GPUを待ちきれず
2020年6月、ついにNUC10i7FNH、メモリ64G環境購入
NIKE+ と 情報処理安全確保支援士の受験戦記など、雑記も

カテゴリ: Windows

2020.04.19時点で、朗報ない、、、
Note

AMD processors are not supported at this time. Nested virtualization is required to run Windows 10X in the emulator and Windows does not yet support this on AMD processors. Stay tuned!

ヨーダに言われてしまうよ。
やるか、やらぬかだ!
ためしなどいらん!!

なんとなく
会社行って帰ってきて
走って、1日が終わってしまう繰り返し



【スポンサードリンク】



IPA情報処理安全確保支援の準備も
若干、身が入らず
検証環境でのWindows周りの検証も
折角買った、
NUC6CAYH


にいまだに移行できておらず

NUCDN2820FYKH


を普段使いのメインマシンとして使っている

ある意味、
検証環境として
リソースを100%使用できるから
いいと言えばいいのだが、
電源をわざわざ、オンしないといけなのが
おっくう。

正確にいうと、
NUCDN2820FYKH から
Wake On LANで電源投入。

あとは、
リモートデスクトップ接続で操作。

この運用のせいで、
少なからず
なかなか机に向かわない
要因になっている気がする、、、

でも、歳のせい!?
新しい環境に、
移行が抵抗がある。

思い切っていけない。
なぜだ―
Disk2vhdで、
NUCDN2820FYKH
もC:\ はvhd化しているので
なにもロストするものが無いのに、、、

この文章をビール飲みながら書いて
いたら移行する気になってきた。

思考を文書化することで
やる気が少し出てきた。
ブログを書きている目的でもある
自己カウンセリングかな(微笑)

さて、長すぎる前置きはここまでで
本編として

ちょっと検証する気が、
湧いてくる記事発見!!



2020年のクリスマスシーズンに
発売予定の
Windows 10Xのエミュレータが
Microsoftが無償提供しているとのこと。

Windows 10 InsiderPreview環境が
必要となるので以下環境を用意することとなる。

  • 物理マシン
  • Hyper-V環境

ただし、Microsoftの以下ページを読むと
Nested Hyper-V 環境が必要となる。

抜粋
以下の、太字部分。
今どきのPCで、少し安めや
古いマシンは要注意。
Hyper-V環境を構築できても
SLAT非対応だと
Nested Hyper-V環境は構築できない。
悲しいかな
うちの
Xeon3350 on HP ML100 G5
 NUCDN2820FYKH



In the BIOS, the following features must be supported and enabled:


Hardware-assisted virtualization

Second Level Address Translation (SLAT)

Hardware-based Data Execution Prevention (DEP)


さらに
以下抜粋をみると、Ryzenも
そのうち、Nested Hyper-Vが対応するかも
てきな書きっぷりだ!!

 Note

AMD processors are not supported at this time. Nested virtualization is required to run Windows 10X in the emulator and Windows does not yet support this on AMD processors. Stay tuned!


Core i 系だと高いし、
物理コア数、Ryzenに完敗。

Xeon投入だと、価格が、、、

なんとなくIntel CPU環境だったが、
ここ最近、Ryzen買っちゃおうか
真剣に考えていた。
ただ、Hyper-V環境は構築できるようだが、
Nested Hyper-V環境が構築できない。
思いっきり、前提条件でIntelのみサポートと記載
終了

インターネットで検索しても
RyzenでNested Hyper-V環境を構築した
猛者は発見できなかった。
っていうか、今回ばかりは
ソフトウエア側
Microsoftが動かないと無理だろうな。

上限Memroy 8 Gbyte の
NUCに、16Gbyte 装着するのとわけが違う。


くそー 大人の事情か!?
でも最近は、Ryzen CPUの
Windows 10を見かけるようになったし、
性能、コストパフォーマンスでIntelは
AMDにやられてるからなー

価格競争で安くなる
性能UPは大歓迎。

Prerequisites

  • The Hyper-V host and guest must both be Windows Server 2016/Windows 10 Anniversary Update or later.
  • VM configuration version 8.0 or greater.
  • An Intel processor with VT-x and EPT technology -- nesting is currently Intel-only.
  • There are some differences with virtual networking for second-level virtual machines. See "Nested Virtual Machine Networking".


 


Windows 10 InsiderPreview環境も
作ろう作ろう思って、サボってきたので
ちょううどいい。

というわけで、
Hyper-V環境で
Windows 10 InsiderPreviewを構築完了
Windows10PreviewOnWindowsServer2019

Hyper-V ホスト(正式にはペアレントOS側)で
PowerShellコマンドを実行

Set-VMProcessor -VMName <仮想マシン名> -ExposeVirtualizationExtensions $true

※仮想マシン名は、Hyper-Vマネージャ上で、表示されている[名前]
  
仮想マシン自体の[コンピュータ名]ではない。


 

Nested-Hyper-V_Windows10InsidePreview

コマンド実行時は、仮想マシンの電源を切る。
上記図は、勇み足で、仮想マシン、電源切り忘れ。

ちょっと時間切れになったので

to be continued...

【スポンサードリンク】

【スポンサードリンク】



【スポンサードリンク】
このエントリーをはてなブックマークに追加

【スポンサードリンク】 BluetoothOnWindowsServer
また1つ、Wireless化に成功した。
そう、Bluetoothイヤホンを以下の
NUC環境で使用できるようにできた。

  • Windows Server 2012 R2 on DN2820FYKH
  • Windows Server 2016  on NUC6CAYH

Bluetoothが使えないことで支障はないし、
ずっと、チャレンジしていたわけではないが
3年かかってようやく解決。

そう、 NUC6CAYHの
Windows Server 2016は、
Bluetoothのキーボードの接続、動作は確認できたが
イヤホンがペアリングするが音が出ない。

イヤホンをコードレス化したいのだよ。

NUC6CAYHでVHDブートでWindows 10 1809をインストール
ペアリング、音はでる。

Windows Server 2016に戻って、sysファイルコピー
Dismによるパッケージインストール
infファイルの編集、テストモード、インストール
でも音が出ない。

IPAの試験、情報処理安全確保支援士が終わり
ゴールデンウイーク10連休とはいえ、
そろそろ時間かけすぎだと思った時、
再々断念しかかった時、ふと思った。
デバイスが売られているのでは?

あった~~!
ELECOM LBT-UAN05C2
1,000円 試すしかないでしょ。
もうソフトウエアで何とかするの
疲れたーーー
しかも、事前に専用ソフトウエアも
ダウンロード、インストールして試せた!

ペアリング、接続完了、音がでた!!
ELECOM_LBT-UAN05C2


【スポンサードリンク】




かみさんのちょっと古いASUS S500CAも
Windows 10 にしてしょぼいマウスが気になるから
もう1個買って、Bluetoothマウスも買おうかな。

iPhone Xs を買って、通勤時も
Bluetoothイヤホンにして快適になって
さらにPC環境もBluetooth化に成功!!

いやーWireless最高!!



【スポンサードリンク】
このエントリーをはてなブックマークに追加

CanonMP990_EpsonEW-M630TW

【2020.07.05 追記】
2020年7月5日現在、
1年半程度
年賀状 2回 
それなりに、印刷、コピーしても
まだ、1回もインク補充していない!
そろそり、黒を購入かな、3/4使って、残り1/4
【2020.07.05 追記】

Canon MP990から
EPSON EW-M630TWに買い替えた。

上の写真の
左が、Canon MP990
右が、EPSON EW-M630TW

黒もいいかなって思っていたが
配送の関係で色は白にしてみた。
光沢がなく、落ち着いた白。
ちょっと、ほこりがつくと目立つかな。

Canon MP990の後継モデルと悩んだけど
吉田羊のCMにやられた―
本当に、90%使用量削減できるのか!?

【スポンサードリンク】

■EW-M630TWの良い点
  • サーバOS用ドライバが用意されている。
    Windows Server 2016等、サーバOSのドライバが用意されている。
  • MP990に比べて、サイズが小さくなった。特に奥行
  • 印刷している時の振動が小さくなった。
  • 印刷している時の騒音が小さくなった。
  • 仕様上、1年位インクの補充がいらない。はず
■EW-M630TWの残念な点
  • お作法が多い。
    感覚的に操作すると不幸を招きそう。
    例えば、電源入れてから、インク補充ではなく
    インクをタンクに入れてから電源を入れるとか。

  • 給紙方法が1つしかなので、いちいち入れ替えなければならない
    MP990の時は、カセットA4、手差しB5、年賀状
    結構、カセットのみって入れ替えがストレス。

  • スキャニングするときの上蓋が厚い本の時は、閉じられない。
  • 本体で、コピーの設定をする時、操作が面倒。
    MP990のダイヤル操作何気によかったということかな。
  • スキャン・コピーの設定が面倒だし、機能が弱い。
    MP990のほうが、いろいろなオプションがあった。
    コピー対象外の黒い部分のをなくすとかEW-M630TWでもできるが、
    ちょっと大雑把な設定しかできない印象。使いこなしていないだけ!?
この時期は、年賀状を
作らなきゃ作らなきゃと気が滅入る。

しかも、プリンター買い替えを先延ばしにしていたら
かみさんから大激怒された。

仕事が忙しいは通用しないし、
できないなら、業者に頼めばいいって言ったでしょ!!
確かにおっしゃる通りなんだけど、、、

家族写真の入れ替え
喪中の方に年賀状を出さないようにする為
去年の住所録を出力

追い打ちをかけるように
5年ぐらい使っていた、
インクジェット複合機
Canon MP990が調子が悪い。

センサーの調子が悪いようで
開いていないCDラベル印刷の蓋が
閉まってないエラーが頻発する。
蓋を一度開け、勢いよく閉じると再開できる。

テレビが写らななくなった時、
叩いて直す昭和方式で対応していたがそろそろ限界。

実は、2017年の暮れにも買い替え寸前まで
いったのだが、なんとかごまかしごまかし
使っていた。

そして、そこそこ悩んで
Canon MP990から
EW-M630TWに買い替えた。

決め手は、やはりインクジェットの使用量が
90%オフに賭けてみた。
のと
かみさんが、だめだったら
数年後また、買かれば?
の一言で時間がもったいないので購入。

使用感は、先程記載した感じ
繰り返しになりますが、
給紙方法が1つしかないことが
ここまで影響があるとは、、、

【スポンサードリンク】

【スポンサードリンク】
このエントリーをはてなブックマークに追加


【スポンサードリンク】

下期も始まり、心機一転。
評価期間が終わったので、
SCCM Current Branch 1806環境でも再構築
使用と思って、Hyper-Vクラスタ環境の
ノードに電源を順番に入れていたところ!!
HP ML110 G5 2号機の電源ボタンを押下しても
無反応!! ファンが回る音がしない、、、

実は、1号機でもこの事象経験済
もっと前にもDOSパラBTOで何回か経験済

要するに、電源ユニットの寿命

その確認の為、マザーボートの
NICのLEDをのぞき込む。
HP ML110 G5 1号機は、電源が入っていないくても
NICのLEDは点滅している。
が、
HP ML110 G5 2号機の
NICのLEDは消灯、、、

HP ML110 G5 2台購入したのも
10年ぐらい前なので
いつも電源入れっぱなしでないにしろ
寿命が来てもおかしくないか、、、

【検証環境】NUC以外の3台

ということで、電源ユニットを探す。
一度、中華メイカーの慶安の電源ユニットが
割と早く壊れ、そのあと買った玄人志向の
電源ユニットが3年間HP ML110 G5 1号機で
動いているので今回も、玄人志向+Amazon Prime。

HP ML110 G5 の電源仕様を見ると
最大385Wなので、400Wの以下の製品を選択!
【スポンサードリンク】

Image 24
久々の御開帳
Image 27
Image 25
半年に1回は、掃除しようと持っていたが、、、
Image 26

CPUクーラーにほこりが、、、ひどい、、、

若干の勘違いで、4ピンのコネクタがないと
勘違いして無理矢理6ピンのコネクタをつけようと
コンデンサと干渉するピンを無理矢理曲げるという
無駄なことをしてしてしまったが無事原状復帰!!
Image 28
Image 29
コードレス最高!!
Image 33
ダイソンで、掃除
エアーも併用してかなりきれいになった!
Image 30

ダイソンはコードレスでかなり使える!
かみさんに、家事を強制されている諸君に
是非この快適さを伝えたい。
いまだに、家事やりたくないけど
掃除に関しては、ダイソンのおかげで、
それほど苦痛を感じなくなった。
コードレス最高!!

コードレスでこれほど、掃除が楽になるとは
吸引力も強いし!
【スポンサードリンク】

あと、HP純正のサイズより小さいので、
少し隙間が空いてしまうが、動作には問題ない。

老朽化対応は、時間と無駄な費用!?が
掛かってなんだかなーって感じ

買う買うといいって新調しないことに対する
神の啓示か!

確かに、今の環境ではきつい台数を同時に動かす
検証をしたくなっていたところなので、、、
そろそろかますか!?
【スポンサードリンク】

このエントリーをはてなブックマークに追加

【スポンサードリンク】
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Windows Server 2016テクノロジ入門 完全版 [ 山内 和朗 ]
価格:5400円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)

【スポンサードリンク】

Windows環境のネットワーク帯域幅にいて
以下備忘録。

Windows環境で、ネットワーク帯域幅の
制御方法は何種類かある。
  • NICのプロパティ
  • グループポリシーによる、
    ポリシーベースQoS

  • Hyper-V 帯域幅管理
  • BITSによる帯域幅を制限する

NICのプロパティ以外は、
出力方向の帯域幅しか制御できない。

Hyper-Vで 
[帯域幅管理]を有効すると
[最小帯域幅]
[最大帯域幅]
が設定できる。

この仕様、私は勘違いしていて
送受信ともに、この設定が有効になると
思っていたのだが、
この設定で制御できるのは送信だけ!!

画面に記載してほしい!!

てっきり、仮想マシンのNICの
プロパティで制限すること相当が
できる思っていたが受信にかんしては
全く制御でなかった。
どうやら、送信だけ制御できるようだ。

Hyper-V 帯域幅管理の機能と
TCPの機能を利用して経路としての
帯域幅を制限できた。
ま、なかなか実用的ではないか、、、

2枚NICがあれば、
経路を制御したいセグメント側の
NICに帯域制限を設定する。
もう1枚にNICの帯域が無制限であっても
制限がかけられたNICがボトルネックとなり
無制限側も結果として制限がかかった状態と
同等になるはずではと思い試してみた。

期待通りの動作をした結果が以下の図。

Windows Server 2012 R2 で
RRASを構成して
対象サーバーと同じセグメントのNICに
帯域制限を設定した。

帯域制限はサーバを起動したままで
同一コネクション内でも即時反映された。

帯域幅を
無制限
10Mbps
50Mbps
の順で設定した様子。

コピー元 サーバ 
   |
RRAS NIC 無制限
RRAS NIC 10Mbps途中で50Mbpsに制限
   |
コピー先 サーバ

Hyper-V_VM_Config

無制限時のNWの状態
100Mpbs もう少し速度が出てもいい気がするが、、、

NW_noLimit

最上部のNIC(イーサネット)に
10Mbps帯域制限を設定
NW_Limit10Mbps

最上部のNIC(イーサネット)に
50Mbps帯域制限を設定 

NW_Limit50Mbps



NICのプロパティ
ベンダーごとにプロパティの名称が異なるが
○○デュプレックスなどの値を見ていけば、判断できる。
送受信双方に制御がかかる。

どうやら、Hyper-Vの仮想NICに同等の
プロパティはないようだ。

なので、物理マシンだけ設定できる。
VMwareはどうなのかな?
NW_Supeed

BITS
Background Intelligent Transfer Service
(バックグラウンド インテリジェント転送サービス)
Windows XP から実装されたサービス。
クライアント側の未使用のネットワーク帯域幅内で
ダウンロードを実行する。
ネットワークの切断後の再開機能(レジューム)も有する。

再開機能は、
RobocopyのオプションでもRetry回数を
設定できるが、Retryの回数を
膨大に大きくすれば似たような効果があるが
BITSのレジュームと厳密には同義ではない。

すみわけとしては、ダウンロード対象が
複数、更新をしたファイルだけ等の条件との時は
Robocopy

クライアント内の他のネットワーク帯域に
影響を与えたくない時は
BITS

PowerShellコマンドレットで
BITS JOB を生成することもできる。

GPOで、BITS JOB の
ただし、帯域の制御は、BITSクライアント
つまりBITS JOBが実行される環境だけであり
ネットワーク経路、ダウンロードのソースを持つ
サーバ自体の帯域を制御していることでないことが留意点

例 
ファイルサーバ
Windows 10 BITS 10Mbps ×100台

各Windows 10 でBITSでネットワーク帯域を
10Mbpsとしぼっていても、
100台同時にファイルサーバから
コンテンツをダウンロードすれば、
最大1Gbpsの帯域をファイルサーバのNICが
使用する可能性があるということ。
当然、Windows10 サーバ間の
ルータ、スイッチの経路も最大
最大1Gbpsの帯域を使用する可能性がある。

グループポリシーによる、
ポリシーベースQoS
この方法も、当然出力方向だけ制御できる。
ただし、対象のアプリケーション、
対象のWebアプリケーションを指定できる。
特定のアプリケーション(Robocopy)しか試したことはないけど、
IIS以外のWebサーバも制御できるか気になる。
いつか試してみてみようかな。

GPO_QoS_01

GPO_QoS_02

【スポンサードリンク】
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Windows Server 2016テクノロジ入門 完全版 [ 山内 和朗 ]
価格:5400円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)


【電子書籍】



【電子書籍】

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ