NUC10i7FNHを購入して、Hyper-V環境を構築するための備忘録

2018年は、スマートウォッチ元年、激闘の日々
2019年2月、ついにiPhone、Apple Watch Series 4購入
第11世代のCPU、GPUを待ちきれず
2020年6月、ついにNUC10i7FNH、メモリ64G環境購入
NIKE+ と 情報処理安全確保支援士の受験戦記など、雑記も

タグ:M.2

Oder_CORSAIR_Mdot2_SSD_Force_MP510

M.2 SSDを買うときに
タイプは、
PCIe 3.0 ×4
を選ぶこと。

間違っても
SATA M.2を買ってはいけない。

SATA M.2は、
2.5 inch SSDと同じ性能
読み取り 500MB/s 程度、、、

NUC10i7FNHを購入した時
M.2なら2.5 inch SSDより
すべからく速いと勘違いしていた、、、
タイプの知識がなかった、、、

くー

頭にきたから
中途半端ではなく最速を目指す。

<< 下に続く >>


事の発端は、
奮発して購入した
NUC10i7FNHのM.2 SSDや、
Hyper-VクラスタのCSV専用機
Clustered Shared Volumes
DELL SC420の仮想ディスクの
計測をしようと思い
まず、
NUC10i7FNHのM.2 SSD

何が起きているかさっぱりわからない
なんで、
読み取り 500MB/s ってなんだ!
SSD_SCORE_Mdot2-2280_SATA_WDS100T2B0B-EC

I got a bad feeling about this
嫌な予感がするぜ、、、
Western_Digital_SSD_1TB_WD_Blue_PC_Mdot2-2280_SATA
調べてみると
私が購入したのは
SATA M.2
そりゃ、
読み取り 500MB/sだよなー

急いで注文したから、、、
って言い訳ならない
ショック
久々に授業料払ってしまった

頭にきたから
Amazon で速攻注文!

読み取り約3,500MB/s

CORSAIR M.2 SSD
Force MP510シリーズ 960GB 
Type2280 / PCIe3.0×4 NVMe1.3 
CSSD-F960GBMP510B HD2722

500GBと悩んだが、
やっぱり約1TBに惹かれた。

NUC全般の弱点として
拡張性、
SSD、メモリの空きスロットの数が少ない
なので
断腸の思いで
¥21,000円投入


ちょうど
日経PC21にも特集されていた。

PCIe3.0×4 NVMeと
SATA M.2のぱっと見の区別の仕方

切り吹きが1つPCIe
切り吹きが2つSATA

過去の投稿のリンクも
修正しなければ、、、

結構、
Windows Server 2019 環境構築してしまったので
再インストールも気が重い。

だが、
宇宙(そら、クラウド)に
主戦場が移りつつある今
初心に帰って
SCRAP & BUILD

to be continued...



以下は、NUC10i7FNHの勇姿!
SSDは要注意!



【スポンサードリンク】








以下は、なるべく安くしたい時の
ご参考
【スポンサードリンク】







NUC7CJYH 
Intel® Celeron® J4005 Processor




NUC7PJYH
Intel® Pentium® Silver J5005 Processor

以下Amazonの商品名、
Intel® Celeron® プロセッサを
搭載ってなっているが、
仕様の記載にはIntel® Pentium®
単なる誤記だと思うが、、、




AMD RyzenのNested Hyper-Vサポートに関しては
以下ご参考してください。
現時点6月6日では、非サポート













上記のNUCで、
以下の無線マウス、キーボードで
USB Power on できると思う、、、







このエントリーをはてなブックマークに追加

SSD_Duplication
最近は驚異的に値下がりしているSSDだが
M.2タイプは、
1TBytes 約¥13,000円
2TBytes 約¥29,000円


2TBytes、約3万円はやはり痛い。

そこで、
Windows Server 2012からの機能で
実質、SSDの容量が増える可能性がある
残念ながらWidnows 10 に
この機能は実装されていない。

データ重複削除

ファイルそのものを圧縮する方法とは異なり
ファイルをブロックレベルで、
チャンクという塊に分割、圧縮するして
使用できる容量を増やす。

重複しているブロックを共用することで
実際のSSDの上限値は当然変わらないのだが、
格納できるファイルサイズは
効率化され
実質増えたことと同じになる。

このチャックの分解、調整は
タスクスケジューラの
バックグラウンド処理のタスクで実行される。

なので、
設定してすぐには、上記画像のように
重複を削除した結果は表示されない。
下手をすると、タスクの
スケジュール設定次第では
結果を得られるまで相当な日数がかかる可能性がある。

だから、設定したらタスクをすぐ実行!

<< 下に続く >>


Deduplication_on_taskScheduler

データ重複削除のデメリットとしては、
その設定をしているドライブで
空き領域がなくなり、
急いで空き容量を増やしたい時、
ファイルを消して、
タスクを実行してもなかなか
空き容量が増えず、
大量にファイルを削除、移動しなければならず
無駄な時間を使うこと。

2020年6月7日に購入してから約1か月
少しずつNUCDN2820FYKHから移行中
NUCは小さいので
NUCDN2820FYKH残してもいいかなとか、、、

Hyper-VクラスタのCSV (Cluster Shared Volume)用の
DELL SC420をいい加減、廃棄して
代わりにしても場所を節約できるかなと考えるが
DELL SC420にHDD、SSD、外付けHDDケースとか
結構な容量なんだよなー

DELL SC420は、いつ壊れてもおかしくない。
CPUは換装して
Intel Celeron 2.53GHz 
大体CPUは、90から100%
よくiSCSIが動いていると思う。

下記の記事の表を開いて頂くと
スコア比較として
DELL SC420 のIntel Celeron 2.53GHzより
NUCDN2820FYKHのほうが、
低いレベルの争いだが
約4倍ぐらい性能がいい。



to be continued...

以下は、NUC10i7FNHの勇姿!


【スポンサードリンク】








以下は、なるべく安くしたい時の
ご参考
【スポンサードリンク】







NUC7CJYH 
Intel® Celeron® J4005 Processor




NUC7PJYH
Intel® Pentium® Silver J5005 Processor

以下Amazonの商品名、
Intel® Celeron® プロセッサを
搭載ってなっているが、
仕様の記載にはIntel® Pentium®
単なる誤記だと思うが、、、




AMD RyzenのNested Hyper-Vサポートに関しては
以下ご参考してください。
現時点6月6日では、非サポート













上記のNUCで、
以下の無線マウス、キーボードで
USB Power on できると思う、、、







このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ