NUC10i7FNHを購入して、Hyper V環境を構築するための備忘録

2018年は、スマートウォッチ元年、激闘の日々
2019年2月、ついにiPhone、Apple Watch Series 4購入
第11世代のCPU、GPUを待ちきれず
2020年6月、ついにNUC10i7FNH、メモリ64G環境購入
NIKE+ と 情報処理安全確保支援士の受験戦記など、雑記も

私の歴代のランニングシューズ
3~4 年前にABCマートで購入した。
この色味は、ABCマート特注だとい聞いた。
NIKEiDで大量発注したのかな?
IMG_1381 - コピー

現在は、週末の普段履きとして使用。
かかとがまずいことになっている、、、

ジョギングしているときに、このようなすり減り方を
徐々にしていったと思われる。

O脚特有の症状が靴底のすり減り方に現れ、
外側がすり減っている。
外側がすり減っているので、水平な地面に置くと、
シーソーのように左右に揺れるl。
ということは、ジョギング中に相当膝にねじりや
不要な方向への力がかかっているはずだ。

ジョギングで使用しているときは、ここまで角度は
ついていなかったともうが
普段履きで使っていても、ジョギングほどでないにせよ
負担はかかっていたはずだ。

この状態を見たら、膝、痛くなるよなーと思った。

今までのジョギングで、NIKE+でジョギングデータアップロードを
アップロードするが楽しく、だんだん走行距離を延ばせていたとき
1度目の膝痛発症、、、

1度目の膝痛が治ったあと、人間ドックの問診を受けた時
ご担当頂いた医師が、偶然スポーツドクターだった。

膝のことを、相談するとサポーターを紹介してくれた。
7,000円程度のものだったが、これがものすごく
効果があってしばらくは快調だった。

O脚矯正のインナーのおかげで延命。
IMG_1383 - コピー

IMG_1382 - コピー

次に買う
Nike+ 対応ランニングシューズを
かかとのソールがダメになったら
普段履きにしようと思う。
きつくなくて、
普段履きにできるようなデザインを探したい。


何度も書いているように、
そもそも在庫がない、、、

探している時間がもったいないので、
次に買うNike+対応ランニングシューズが
最後の1足となるのかもしれない、、、

と同時に、
iPod nano も7thに買い替えとなる、、、

また、
既に3,4足捨ててしまっているので
これからは、記録したいと思う。
あと捨てずに、リサイクルボックス。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows Server 2012 からの
データ重複除去 機能は、結構使えると思う

データをチャックデータに分割して
ブロック単位で重複していたら同じ部分は
共有して使用するので、実データより
多くディスクが使用できるようになる。

読み取りときは、ばらばらになっているチャンクを
寄せ集めて読み取ることになる。
でも、論理的にHDDに通常に配置したデータを
読み込むより早く読みだせることもあるらしい。

SSDも最近、価格が下がってはきているものの
この機能はありがたい。

この機能、設定してすぐに、重複データをチャック化してくれない。
通常の設定だと、設定したスケジュールに即してバックグラウンドで
重複除去が実行される。

この重複除去の実行は、だれがどのように実行しているかというと
タスクスケジューラに、機能を有効化して設定した時に、設定される。

何回か実行しないと重複除去の効果が出ないかもしれないが、
すぐこの機能を試したい場合は、以下タスクを実行

サイズに応じて時間は長くなり、それなりに時間がかかるので
時間に余裕にあるときに実行するか、夜間、会社に行っている間
電源つけっぱなしで実行かな

schtasks /run /tn microsoft\windows\deduplication\ThroughputOptimization

タスクスケジューラから手動でも実行できる
タスクスケジューラライブラリ\microsoft\windows\deduplication\ThroughputOptimization

各ドライブの主要格納ファイル
E:\は、ドキュメント、mp3
W:\は Hyper-V 仮想マシン 格納用ドライブ

データ重複除去 機能は、USB3.0のポータブルHDDにも使用できる
ところも気に入っている。
51Gbyte 節約されている。



DataDeduplicationService01 - コピー
DataDeduplicationService02 - コピー
このエントリーをはてなブックマークに追加

c7e4655b.png


Nike+ の5週間で、125 km走る目標設定
若干あきらめていたが
ここにきて、クリアできる可能性が出てきた!

明日も10 km越えを目指そうっと!

【走る前】

今日は、夕食後のRUN
夕食後の10 km越えは久々
わりとBlogに記録したいため、
走るモチベーションが維持できていてうれいい!

ヘッドフォンの修理を依頼する電気屋さんまで自転車で行くのだが
依頼、引き取りをジョギングで兼用したらと調査を兼ねた新ルート。

ただ、あまりに汗だくだと、依頼するときの住所記載などするとき
お店の人がいやがるだろうな。
せめて、ひきとりの時、走っていくぐらいかな

【走り始め】

食後の為、腹が重かった。

【5 kmあたり】
今日は、最初から10 km越えを目指して
新ルートを走っているので、折り返し点。

実際には、4.6 kmで折り返したので
同じルートで帰ると10 kmに届かないので
どこかで余分に走らなければ!

【完走】
走り終えるまで、特に右膝に痛みがなかった。
わりと最近、出走の頻度が高
くなったので楽に走れた。

ただ、走行中の平均速度をグラフでみると、
思ったより平均速度にばらつきがあったようだ。

走っているときは、確認しようと思えば平均速度を
ボタンを押すと、読み上げ機能で知らせてくれるが
あまり使わない。
わりと、速いペースが読み上げられると
オーバーペースなのか!そんなに無理してたのかってって
変なプレッシャーで急に苦しくなる。

膝と相談しながら、平均速度を上げたい!
でも、フルマラソン3時間きるってなんて過酷なんだー

4ed98523.png
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_1370 - コピー

どれくらい前に買ったか忘れてしまった。 
まだ、1年はたってないともうが、、、
結構くたびれてきた。

左のソールが、完全に終わっている
膝に悪そう、、、

IMG_1371 - コピー
IMG_1387 - コピー
O脚矯正のインターのおかげで
膝の痛みはない。

左の外側がすり減って傾いているのを
インナーの傾きで、相殺する。
いままで、膝のサポータを使用していたが、
このインナーのその原理は腑に落ちるし
普段の革靴の中にもいれても使用しているが、
膝への負担が軽くなっている気がする。

少なくとも、膝痛、復活後
13 km走った後も膝痛はない。
22、3 km 走って、膝痛を発症したときがあったが、
今回10 kmは走っている最中、インナーのおかげか
まだまだ走っても大丈夫な気がした。
(精神的な安心だけかもしれないが、、、)

これからは、左右均等にすり減っていくと思われる。

また、気持ち足の裏の内側に力をいれる感じに
すると膝が安定するような気がする。

買い替えなのだが、
以前も書いたが、
Nike+のジョギングシューズがなかなかない、、、

個人的に
このジョギングシューズは、若干きつめなので
普段履きにはできない、、、

だが、
最近知ったのだが、Nike、Pumaは
リサイクルボックスを設置していた
素材の再利用、バスケットコートのラバーとかに
再生しているとのこと。


iPod nano 7thに変え替えの
日が近づいている、、、

それか、
iPod nano 8th を
Appleが出してくれればいいのだが、、、

だいたいの機能が、iPod nanoに
装備された今、
新しいのを出す意味、
売り上げの見込み
を考えると、、、

■使用しているインナー
インソールプロ O脚対策 L(26-27.0cm)
村井
このエントリーをはてなブックマークに追加

Nike Plus に iPod nana 5th でジョギングデータを
アップロードしている。

なので、
DN2820FYKHで、
Windows Server 2012 R2 に
iTunes 12.0.12.6 をインストールしている。

Windows8.1で動作するなら、
Windows Server 2012 R2 でも
動くだろうと思い、
インストールした。
やりたいことはできている。

ただし、
iTunes の自動更新をしていたら
Nike+の項目が見れなくなったか、
プレイリストが表示されなかったか、
不具合がでた。
(これからは忘れてしまうので、Blogに書いておこうっと)

サポートにも相談したが解決できず、
環境も環境なのでダウングレートすることで
元の動作ができるようにした。

M.2 SSDにOSがインストールできるか調べたいた時に
見かけた強者のサイトは、
iTunes を App-V で仮想化していた!!

App-V Recipes

この発想は、なかったなー
でも、シーケンスしたiTunesが
USB、iPod nanoを認識するのかな!?

Hyper-VのParentOSに
いろいろインストールしたくなかったが、、、
今は、iTunesを含め結構余計なものを
インストールしてしまっている。

実務で
App-Vで、Notes6.5、Adobe Readerを
シーケンスして配信・運用していたが、
Notes6.5のメールに添付してあるPDFを開くとか
OSがアプリケーションをインストールされていることを
知らないApp-Vの仮想アプリケーションを実行するのに
苦労した。
実際には、レジストリのキーを作成して、
仮想アプリのパスを追加等の対応をした。
そのレジストリ配布を、GPOで展開。

うーん、レジストリを別途用意するとなると
環境をいじらない観点だと
アプリをインストールするのとあまり変わらなくなってしまう。

あと、Notes系DLLを呼び出すような
外部のプログラムの対応にはもうお手上げ、、、
普通にインストールした時の、Notesフォルダを
丸ごとクライアントにコピー

ここまでくると、普通にインストールしているのと
あまり変わらない、、、

この例は、特殊で、
Adobe Reader なんかは
各バージョンを、初回少々のダウンロードする時間だけ
インストールする時間、手間は省略でき
エンドユーザの操作が不要で
セキュリティグループ単位で管理できる点は良い。

Softgrid,App-V4.6を触ってきたけど、
その後の5.0とか進化したのかなー

4.6だと、Office2010のシーケンスも、、、
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ