NUC10i7FNHを購入して、Hyper V環境を構築するための備忘録

2018年は、スマートウォッチ元年、激闘の日々
2019年2月、ついにiPhone、Apple Watch Series 4購入
第11世代のCPU、GPUを待ちきれず
2020年6月、ついにNUC10i7FNH、メモリ64G環境購入
NIKE+ と 情報処理安全確保支援士の受験戦記など、雑記も

WindowsFirewall_Dialog_on_Windows10

【スポンサードリンク】



私のメインマシン、NUC10iFNHには
標準で
カメラ、マイク、スピーカーはついていない。

以下の雑誌で、
iPhoneとWebカメラとして
PCに接続する記事を見つけた。

うまく接続できなかった時の
トラブルシュートも記載。

Hyper-VペアレントOS
Windows Server 2019

Hyper-V上の仮想マシンである
Windows 10 でも使用できることを確認した!!

【スポンサードリンク】
相変わらず日経の記事は質が高い
数少ないWindows系月刊誌
頑張ってほしい



私が使用できるPCでWebカメラが
付いているのは、

カミさんの古い 
ASUS VivoBook S500CA

会社から貸与頂いている
Windows Surface Go (2ではなく、初期型)

なので、自由に使用できる

Intel NUCには、
 NUC10iFNH
 NUC6CAYH
 NUC DN2280FYKH

Webカメラが標準では搭載されていない。

さらに、iPhoneと比べると
ASUS VivoBook S500CAのカメラは
画像が粗い、、、
仕方なく
娘たちは、塾のオンライン授業で
使用していたが、、、

最近、つくづくiPhoneのカメラ
きれいだなーと思う。

ま、私はカメラにあまり興味がない
せいもあるのかもしれないが、、、

ASUS VivoBook S500CAも、
タッチパネル、カメラ、Hyper-Vも対応したCPUで

当時、6万円弱だったともうのだが、
カミさんの予算内で私が見繕って
触らせてもらったものだ。

タッチパネルを試したかったんだよね。

あと、Windows 10から削除された機能
Windows To Go
なので、そこそこいい品定めだったと思う。

このご時世なので、プライベートでも
TeamsやZoomでWebカメラを
使用できてもいいなと思っていたときに、
以下雑誌の面白い記事を見つけた。

流石に、会社貸与Surfaceに
いろいろインストールするのは
チャレンジングすぎる

記事は
iPhoneをWebカメラとしてPCに接続するというもの

外付けのWebカメラか買う?って躊躇していたので
これはいい!!

少し前に、
iPhoneのスタンド買ったまま使ってない、、、
のもあるから!
結構時間かけて品定めしたから、
使わなければ

【スポンサードリンク】
相変わらず日経の記事は質が高い
数少ないWindows系月刊誌
頑張ってほしい



WindowsFirewall_Dialog

手順としては、
  1. iPhone にApp Storeから、iVCamをインストール
  2. Windowsに、iVCamをインストール
  3. 必要に応じて、Windows Firewall でiVCamを許可する

初回、iVCamを起動時に、以下の画像が表示されたら
[アクセスを許可する]を押す。
表示されなかったり、うまく接続できない時は
以下のWindow Filerのルールを確認、
なければ、手動で作成する。

Windows Server 2019は、ダイアログ表示されなかったので
手動で作成が必要。
WindowsFirewall_Rule_for_iVCam
記事では、iPhoneとPCを同じWi-Fi親機に接続すると
記載されていて、同一サブネットの端末であることが
前提条件かと思ったが、私の仮想マシンはルータを超えて
iVCamが使用できた。
どうやら、iPhoneとPCがネットワーク的に接続できれば
使用できそうだ。

記事には、Teams、Zoomのカメラとして
使用できると記載されているので
近いうちに試したいと思う。

to be continued...

【スポンサードリンク】




以下は、NUC10i7FNHの勇姿!
SSDは要注意!



【スポンサードリンク】



以下は、なるべく安くしたい時の
ご参考
【スポンサードリンク】







NUC7CJYH 
Intel® Celeron® J4005 Processor




NUC7PJYH
Intel® Pentium® Silver J5005 Processor

以下Amazonの商品名、
Intel® Celeron® プロセッサを
搭載ってなっているが、
仕様の記載にはIntel® Pentium®
単なる誤記だと思うが、、、



AMD RyzenのNested Hyper-Vサポートに関しては
以下ご参考してください。
現時点6月6日では、非サポート
ただし
Windows 10 Insider Preview Build 19645 で
AMD RyzenでもNested Hyper-Vが動作するらしい。
あくまでも、Preview環境でだが
でも、Windows 10 の機能更新プログラムで
正式サポートされるのも近そうだな
















上記のNUCで、
以下の無線マウス、キーボードで
USB Power on できると思う、、、







このエントリーをはてなブックマークに追加

NUC10i7FNH_vs_AMD_Ryzen3390X

いつものように、ざっくりCPUのスコア比較してみた。

私はゲームをしないし、細かい性能は見てもわからないので

スコアの数値でざっくり比較

Ryzen(ライゼン)すごいな~

以下のスコア比較サイトで上位14位まで

Ryzenが独占、ようやく15位に

Intel(R) Xeon(R) W-3275M CPU @ 2.50GHz

発売時期とか細かく見てないけど、

このXeon(ジーオン) 100万円じゃん!!

なのに、

AMD Ryzen Threadripper 3990Xの

スコアのざっくり、50%

価格は2倍、、、

コストパフォーマンスがRyzenのほうが

ざっくり4倍いいじゃん!

圧倒的

知ってはいたが、AMD Ryzenが

ここまでとは

えーい、AMD Ryzenは化け物か




2、3年前から、AMD RyzenはCoreiより、

コア数も多くCPUのコストパフォーマンスが

いいという記事を目にするようになった。

マルチスレッドでは、Ryzen

シングルスレッドでは、Coreiといった概要。

トランジスタの微細化の技術開発で

Intelはうまくいっていないことも知っていた。

【スポンサードリンク】


そして、1年ぐらい前に

コンシューマ向けのノートPC等に

IntelのCoreiではなく、Ryzenのみ搭載モデルが

たしかHPで出てきて驚いたものだ。

どうやら、

Intelは自社開発・製造を行っていて

開発は自社、製造は協力会社とういわゆるファブレスのAMDが

勢いがあるらしい。

皮肉なもので、

Intelの自社開発・製造が強みだったはずが

その強みが、足を引っ張り

現在は、ある意味、弱みとなっているらしい。

そんなに、AMDやAppleの

製造を受注している企業の技術開発は

すごいのか?今度調べてみよう

なんか、日本のガラパゴス化や

その他の大企業病に通じるものが

ある気がした。

さらに、

AppleもIntelのCPUから、自社開発のCPUを

採用するとのこと、、、

2020年は、その時歴史が動いた だな~

HPML110 G5 Xeon 3350を購入する時

HPML115のほうが少し安かったが、

CPUがAMDで、Hyper-Vが動くかどうか

はっきりしなかったから

IntelのCPUが動くチップセットの

HPML110を選択した。

私の中で、

一番、距離が近く
AMDとニヤミスした瞬間だった。

to be continued...





【スポンサードリンク】




以下は、NUC10i7FNHの勇姿!
SSDは要注意!



【スポンサードリンク】
以下、私が購入して、稼働している構成



以下は、なるべく安くしたい時の
ご参考
【スポンサードリンク】







NUC7CJYH 
Intel® Celeron® J4005 Processor




NUC7PJYH
Intel® Pentium® Silver J5005 Processor

以下Amazonの商品名、
Intel® Celeron® プロセッサを
搭載ってなっているが、
仕様の記載にはIntel® Pentium®
単なる誤記だと思うが、、、



AMD RyzenのNested Hyper-Vサポートに関しては
以下ご参考してください。
現時点6月6日では、非サポート
ただし
Windows 10 Insider Preview Build 19645 で
AMD RyzenでもNested Hyper-Vが動作するらしい。
あくまでも、Preview環境でだが
でも、Windows 10 の機能更新プログラムで
正式サポートされるのも近そうだな









上記のNUCで、
以下の無線マウス、キーボードで
USB Power on できると思う、、、






このエントリーをはてなブックマークに追加

【スポンサードリンク】


私は将棋に詳しくないが、藤井聡太二冠の

連勝記録などのニュースで

その天才っぷりは知っていた。

さらに、将棋を研究するために

自作パソコンを組んでいて

AMD Ryzen(ライゼン)を選択しているということを

何かで知っていた。

以下のリンクがすごく参考になる


NUC10i7FNHの購入検討している時、

AMD CPUは購入したことがなく

最近では、性能面でもIntelと同等

メニーコア、コストパフォーマンスにおいて

優っていることを知っていた。

どうせ環境を新調するなら、、、

思い切ったことをしたかったのだが、

AMD RyzenはHyper-Vは動作するようなのだが

Nested Hyper-Vがサポートされていないで

NUC10i7FNHにした。

あと、NUC10i7FNHの小ささも

後押しした。

フルタワー、ミニタワーにしても

机の下、足元に置くにしても邪魔になる。

拡張性はあるのだが、

でかいケースを買うのに、

抵抗があり、踏ん切りがつかなかった。

Ryzen Threadripper 3990X は

64コア、ハイパースレッディングが有効なようなので

128スレッド

タスクマネージャーがすごいことになっている



価格も強烈で、50万円程度!


CPUだけで、

NUC10iFNHが5台購入できるよ!

メモリ256Gなら、

仮想マシン メモリ4G CPU2コアなら

64台ぐらい同時稼働できそうだな

Intelも頑張ってほしいが、

CPUの微細化の技術開発が

AMDやAppleのファブレスに対抗できるのか!?

2019年から2020年は、大きな変化が起きていたんだ

to be continued...


【スポンサードリンク】




以下は、NUC10i7FNHの勇姿!
SSDは要注意!



【スポンサードリンク】
以下、私が購入した構成



以下は、なるべく安くしたい時の
ご参考
【スポンサードリンク】





NUC7CJYH 
Intel® Celeron® J4005 Processor




NUC7PJYH
Intel® Pentium® Silver J5005 Processor

以下Amazonの商品名、
Intel® Celeron® プロセッサを
搭載ってなっているが、
仕様の記載にはIntel® Pentium®
単なる誤記だと思うが、、、



AMD RyzenのNested Hyper-Vサポートに関しては
以下ご参考してください。
現時点6月6日では、非サポート
ただし
Windows 10 Insider Preview Build 19645 で
AMD RyzenでもNested Hyper-Vが動作するらしい。
あくまでも、Preview環境でだが
でも、Windows 10 の機能更新プログラムで
正式サポートされるのも近そうだな
















上記のNUCで、
以下の無線マウス、キーボードで
USB Power on できると思う、、、







このエントリーをはてなブックマークに追加

Overview_Nike_Air_Zoom_Tempo_NEXT_Percent

前から気になっていた、
NIKE AIR ZOOM TEMPO NEXT% 

を購入してみた。

お金で、速さを手に入れる ふふふ

いわゆるNIKEの厚底ランニングシューズ

Nike Air Zoom Alphafly NEXT%と

めちゃくちゃ悩んだが、

NIKE AIR ZOOM TEMPO NEXT% を購入した。

Nike Air Zoom Alphafly NEXT%は

税込み33,000円で、

NIKE ランニングシューズの中で一番高い。

単純に高いんだから

パフォーマンスもいいんでしょ?

かなり高いんだから!

【スポンサードリンク】


ペースメーカーがいたりして、

非公式だが、キプチョゲ選手が

42.195KM フルマラソンを2時間切り!!

その時はいていたシューズなのだから!!


税込み33,000円は、

私にとってかなり高額、

予算オーバーだが

断腸の思いで、出せない額ではない。

いろいろ調べてみて

一番、参考になった、したのが

以下のリンク



いろいろ悩んだ末、

NIKE AIR ZOOM TEMPO NEXT%にした。

Nike Air Zoom Alphafly NEXT%のほうが、

走力がある人なら、速く走れるのだろうけど

足裏の母指球で蹴り上げることが

私はできていないし、

足裏の全体か、土踏まずあたりで

着地しているので

ケガしそうなので、

いったん

NIKE AIR ZOOM TEMPO NEXT%を購入した。

この動画でも、

シュータン(足の甲と靴紐の間にあるパーツ)がなくて

かつ、きついと言っていたが、

初めては履いた時、

木のしっかりした靴ベラを使っても大変で

少し汗がでるぐらい大変だった。

なので、なかなか初走まで気が乗らず

限界にきているNike Air Zoom Pegasus 37で

何回か走り、返品すら頭によぎったが、

いい加減、履く練習をするかと思いたった。

いったん、靴紐を緩めて

足首周りを引っ張って、少し伸ばしたり

何度か履く練習をした。

普段履きにも少し使おうかと思ったが

こりゃ無理だ、履く脱ぐが大変すぎる、、、

今は、使用禁止になった

競泳の全身ラバーの

スピード社製レーザーレーサーを思い出した。

ちなみにレーザーレーサーを着たというより

装着した選手が

北京オリンピックで世界記録を更新しまくった。

強烈なのが、一人で装着できず

何人かで1時間ぐらいかけて

装着するって聞いた気がする。

ちょっと、大袈裟だけど、

それぐらい初めて履いた時

大変だった。

何回か履く練習をした時、

足の甲の部分を引っ張りながら

靴ベラを使用すると履けることに気づいた。
(私だけ履くのに苦労したのかな?)
Wear_Nike_Air_Zoom_Tempo_NEXT_Percent_1
Wear_Nike_Air_Zoom_Tempo_NEXT_Percent_2

購入前に、きついと聞いていたので

0.5ミリサイズを大きくしたけど

中敷きが外せないタイプだったので

O脚矯正インソールを装着できないのが



少し心配だが、

ようやく11月23日

これから

初の出撃をする

【スポンサードリンク】

ちなみに、この数年前から愛用していて

特に革靴に使用すると効果絶大!

あと、走る時のNikeのシューズにも使っている

なので、2個買ってそれぞれ使っているのだが

もうボロボロなので、そろそろ買い替えだ。

Nikeのシューズの中に入れている

インナーソールも、4年以上使っているけど

表面の生地がボロボロになって

見た目が悪いだけで

実用にはまだ、問題ないかな

to be continued...

【スポンサードリンク】








【スポンサードリンク】
このエントリーをはてなブックマークに追加

衝撃の情報を目にした!

【2020年11月20時点の情報です】

スマホでChromeのおすすめ情報に、
Intel NUC Core i3搭載モデルが、9,800円

後で、細かくみるかと思っていたら
その日の夕方に記事が更新され
いくつかある製品の目玉である
9,800円のものは、売り切れとのこと、、、

そりゃそうだよなー
9,800円は単純に安い!

ということで、逃がした魚は
どれだけのものだったのか調べてみよう



【スポンサードリンク】


第5世代とはいえ
単純に、Core i3が9,800円
Celeronじゃあ、ないんだよね!?

Intel_NUC5I3RYHS


以外だった
Intel NUC6CAYHのほうが、
CPUのスコア高いんだ

何気に、
NUC6CAYHって
頑張ってるんだよなー
17,000円程度でメモリ16Gは重宝した


ちょっと
Core i3 に惹かれ
9,800円だったら
Intel NUC DN2280FYKHを
買い替えてもいいなーっと思ったが、、、

売り切れと記事を見たとき
もっと早く、スペックを確認して
買えばよかったのに~っと
悔しかったが、
そこまでのダメージじゃないな

Intel NUC6CAYHの名機っぷりを
感じてこの件は収束かな


現在、我が家は、もう少しで
惑星ホスの戦いが始まる。

白い壁と、無造作に垂れ下がるケーブル類が
スターウォーズ 帝国の逆襲 序盤の
惑星ホスのエコーベース秘密基地のようだ
Star_Wars_EchoBase_ON_Hoth



2人の娘の部屋を
1人1部屋にするために
我が家の帝国、ベイダー卿である
かみさんからの最後通告があった。

リビング脇の、秘密基地である
私の机、歴戦の名機
2台の
HP ML110 G5  CPU Xeon 3350 メモリ8G 

DELL SC420 ストレージサーバ用の

今週末、
AT-ATスノーウォーカーが急襲してくるので
合計3台の廃棄をしなければならない

さらば、
DELL SC420
HP ML110 G5 




NTT-Xストアで放出品である
HP ML110-G5は
初めてCPU換装をして
Hyper-V環境の検証を支えてくれた
名機だった!!

本体は16,000円と
メーカー製としては破格の値段だった。

2台、買って
Hyper-Vクラスタ環境を構築し
System Center Family製品を検証したのが
なつかしい。

断腸の思いであるが
スペック、置き場所を考えると
血の入れ替えは必要だ。

NUCの小ささは
本当に重宝する

to be continued...





以下は、なるべく安くしたい時の
ご参考
【スポンサードリンク】







NUC7CJYH 
Intel® Celeron® J4005 Processor




NUC7PJYH
Intel® Pentium® Silver J5005 Processor

以下Amazonの商品名、
Intel® Celeron® プロセッサを
搭載ってなっているが、
仕様の記載にはIntel® Pentium®
単なる誤記だと思うが、、、




AMD RyzenのNested Hyper-Vサポートに関しては
以下ご参考してください。
現時点では、非サポート













上記のNUCで、
USB Power on できると思う、、、






このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ