NUC10i7FNHを購入して、Hyper V環境を構築するための備忘録

2018年は、スマートウォッチ元年、激闘の日々
2019年2月、ついにiPhone、Apple Watch Series 4購入
第11世代のCPU、GPUを待ちきれず
2020年6月、ついにNUC10i7FNH、メモリ64G環境購入
NIKE+ と 情報処理安全確保支援士の受験戦記など、雑記も

カテゴリ:NUC > NUCDN2820FYKH

NUCDN2820FYKH に Windows Server 2012 R2 を
インストールして使用するときのBIOS

正式には、サポートされていないし
ビット、OSごとに結構種類があるので
備忘録として投稿。

インテル サポートページ
たまに、リンクが変わる、、、

WinPE用を選択しないと、エラーとなった。
NUCDN2820FYKH の Windows Server 2012 R2 をインストールする時
インストールする前に、以下のモジュールをインストールしたのか
Windows Server 2012 R2をインストールしていから
以下モジュールをインストールしたのか忘れてしまった。

Windows Server 2012 R2 をNUCDN2820FYKHに
初めてインストールした時に、覚悟はしていたが、
デバイスマネージャに"不明なデバイス"が 2個 表示されたからだ。

順番を間違えたと思った。

この状態だと、"不明なデバイス" がどんなデバイス、
何者なのかがわからないからだ。

一度、Windows 8.1 を試しにインストールして
全てのデバイスをデバイスマネージャでキャプチャするためだ。

ただ、"不明なデバイス" 何なのかが把握できたが、
無理矢理、Windows 8 、Windows 8.1 のドライバーを
インストールできるとも限らない。

繰り返しになるが、
覚悟はしているが非サポート環境を、
自己責任で構築するといろいろストレスがたまる。
金銭的な余裕があればサポート構成を組むのだが、、、そんな余裕はない、、、
早く余裕を作らなければ、、、

BIOS_DN2820FYKH - コピー

インストールする方法はいくつがあるが、
個人的には
ダブルクリックが一番楽

このエントリーをはてなブックマークに追加

USB3_0HUB - コピー

現在、DN2820FYKHのUSB3.0ポートに
接続しているUSB3.0 HUB

となりのSD カードリーダは
100円均一 キャンドゥで最近購入。
数年間まえに、ディスカウントショップで購入の
カードリーダでSDを認識できなかったので、、、

最初、SDが悪いかと思い、、、
2日ぐらい無駄な時間を使ってしまった。

たぶん古いカードリーダーは、
USB2.0 までしかなかったときに
購入したものかなって発想、気づくの遅かったよー

その中で、SDカードも購入したし、、、
何やってるんだよっと 少し落ち込む、、、

たった、108 円で解決。

大丈夫かなって思ったけど
今のところ普通に使える。
100円均一、すごいなー 原価いくらなんだ?

NUC6i5SYHは、
SDのカードリーダが標準搭載!!

ただ、モニタの下にNUCを置くと
本体のSDカードリーダにSDをつけたり
外したりはやりずらそう。

USB 3.0 HUB にSDカードリーダをつけたほうが
扱いやすいかもしれないなと思った。

現在このUSB 3.0 HUB に
以下固定
マウスのレシーバー
USB NIC PLANEX GU-1000T   iSCSI 専用LAN
C-Media USB Audio Device

以下適宜取り外し接続
iPod nano USB ケーブル 
or
SDカードリーダ

スマフォ持っていないので、
デジカメで撮った画像を
DN2820FYKHに取り込むときに
SDを使っている。

これまで、SD使用する機会がほとんどなかった。
少し調べたら
SDの規格で、転送速度決まるみたい。

なんとなくベンチのキャプチャ―も投稿

SD
SDCard - コピー

MicroSD
MicroSD - コピー
センチュリー USB3.0 Hub名人 ブラック バスパワータイプ 4ポート CHM-U3P4B [Personal Computers]
2014-04-05
このエントリーをはてなブックマークに追加

Nike Plus に iPod nana 5th でジョギングデータを
アップロードしている。

なので、
DN2820FYKHで、
Windows Server 2012 R2 に
iTunes 12.0.12.6 をインストールしている。

Windows8.1で動作するなら、
Windows Server 2012 R2 でも
動くだろうと思い、
インストールした。
やりたいことはできている。

ただし、
iTunes の自動更新をしていたら
Nike+の項目が見れなくなったか、
プレイリストが表示されなかったか、
不具合がでた。
(これからは忘れてしまうので、Blogに書いておこうっと)

サポートにも相談したが解決できず、
環境も環境なのでダウングレートすることで
元の動作ができるようにした。

M.2 SSDにOSがインストールできるか調べたいた時に
見かけた強者のサイトは、
iTunes を App-V で仮想化していた!!

App-V Recipes

この発想は、なかったなー
でも、シーケンスしたiTunesが
USB、iPod nanoを認識するのかな!?

Hyper-VのParentOSに
いろいろインストールしたくなかったが、、、
今は、iTunesを含め結構余計なものを
インストールしてしまっている。

実務で
App-Vで、Notes6.5、Adobe Readerを
シーケンスして配信・運用していたが、
Notes6.5のメールに添付してあるPDFを開くとか
OSがアプリケーションをインストールされていることを
知らないApp-Vの仮想アプリケーションを実行するのに
苦労した。
実際には、レジストリのキーを作成して、
仮想アプリのパスを追加等の対応をした。
そのレジストリ配布を、GPOで展開。

うーん、レジストリを別途用意するとなると
環境をいじらない観点だと
アプリをインストールするのとあまり変わらなくなってしまう。

あと、Notes系DLLを呼び出すような
外部のプログラムの対応にはもうお手上げ、、、
普通にインストールした時の、Notesフォルダを
丸ごとクライアントにコピー

ここまでくると、普通にインストールしているのと
あまり変わらない、、、

この例は、特殊で、
Adobe Reader なんかは
各バージョンを、初回少々のダウンロードする時間だけ
インストールする時間、手間は省略でき
エンドユーザの操作が不要で
セキュリティグループ単位で管理できる点は良い。

Softgrid,App-V4.6を触ってきたけど、
その後の5.0とか進化したのかなー

4.6だと、Office2010のシーケンスも、、、
このエントリーをはてなブックマークに追加

1、2年ぐらい前に
Exchange Online 、Windows Intune 等で
Android、
iPhone
のリモートワイプをどうしても試したくなった。

だけど、
タブレットもスマホを持っていない。

光iフレームはあるけど、頑張ってみたけど
うまくいかなかった。

そこで、
少し調べるとAndroidが、
Hyper-Vの仮想マシンとして
稼働できることがわかった。

Android環境を構築して
Exchange Onlineからリモートワイプ実行するところまでは
できたが、再起動が途中で失敗しているようだった。
初期化しました、なので再起動します、
このあと無限ループで先に進まない。
あと、当時のメモが出で来ない、、、

でも、リモートワイプ実行、初期化完了まで
見ることができたので、それ以上の検証はしていない。
再起動完了できなくても、リモートワイプの指示が
Androidに届いたところまでで、今回は良しとした。

これ以上は、やはり物理機の用意が必要かなと、、、
お金がないので終了ー

Office365の契約も切れてしまったし、、、

SCCMで、クライアント端末管理の検証として
Mac OS もHyper-V で稼働できればいいのだが、、、
当時、情報としてあったのがVMPlayerで
稼働されることができるような記事があった。

Androidは、よくわからいので
リモートワイプ検証にMUSTではないので
固定IP設定を断念

DC兼DHCPサーバから、IP配布

このAndroidは、
SCCM2016でクライアント管理の検証で
活躍してくれるだろう!
クライアントとしてMac OSも含めたいなー

SCCM2016は、
現行の環境か
NUC6i5SYH
どちらになるのだろうか、、、
Image 1- コピー

Image 2 - コピー

Image 3 - コピー

Image 4 - コピー
Image 5 - コピー
Image 6 - コピー
このエントリーをはてなブックマークに追加

基本的にはOSのクリーンインストールから
行いたいが、、、
結構時間がかかるかもしれないので
どうするかメモを書いてどうするか
判断しなくては、、、

でも実は、OSのインストールうんぬんの前に
DN2820FYKHをどんな役割で使用するかなんだよなー

というのは、次に購入するNUC6i5SYHの性能を
フルにHyper-V環境に割り当てるのであれば、
DN2820FYKHをこのまま通り、普段使いで使用すればいい。
でも、せっかくパワーアップした環境を毎日すぐ使用できる
普段使い環境と兼用したくなるんだよなー
となると、Office、Outlook、iTunes等普段使いで
必要なアプリ、データ移行
OS
の移行が必要となる。

ひとまず、
DN2820FYKHのソフト一覧でもつくるかな

少し書いておくと、諸般の事情で

Windows Server 2012 R2 上で
AD DS   
Hyper-V
Office 2013

ここからが、、、よく動いているな系

DAEMON Tools Lite
iTunes 12.0.12.6    
Kindle
SFCard Viewer 2

投稿して気づいたのだが、
ソフトよりもドライバのほうが面倒だなー

基本、NUC、サーバOSサポートしてないから、、、

DN2820FYKHでも、
Windows Server 2012 R2 で
Bluetoothが使用できなので
どなたか、ご存じでしたらコメント頂けると幸いです。
(あまりに、トリッキーすぎると困ってしまいますが、、、)

Bluetoothが使用できれば、Bluetoothのイヤフォン
使用してみたいなと、、、

イヤフォンをWirelessにするとずいぶんすっきりすると
想像している。
なぜなら、キーボード、マウスをWirelessにしたとき
なぜもっと早く買い替えなかったのでろうと思ったから。

下図がおそらくBluetooth 

Image 17 - コピー
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ