NUC10i7FNHを購入して、Hyper V環境を構築するための備忘録

2018年は、スマートウォッチ元年、激闘の日々
2019年2月、ついにiPhone、Apple Watch Series 4購入
第11世代のCPU、GPUを待ちきれず
2020年6月、ついにNUC10i7FNH、メモリ64G環境購入
NIKE+ と 情報処理安全確保支援士の受験戦記など、雑記も

カテゴリ: NUC

BenchMark_NUC10i7FNH_vs_NUC6i5SYH

2021年の初頭に、第11世代のNUCが販売されるという情報を
2020年末に見ていた。

2020年末には、ツクモのセール品
9,800円で第5世代 Core i3 NUC5I3RYHSが売られていた。


すぐ売り切れてしまって、
くっそーと思ったのだが、
よく調べてみると、所有している
第6世代 Celeron NUC6CAYHのほうが、
単純なCPUベンチマークのスコアでは
優っており溜飲がさがった。

ま、

そう簡単に安くならないよね、、、
それと、
NUC6CAYHって頑張ってるなーと思う



NUC6i5SYH 
はちょっと買ってもいいかなって気がする。

そろそろ
NUC DN2280FYKHを、
引退させようと思っていたからだ。

そして現在の使用状況を鑑みると
NUC DN2280FYKHは、
ドメインコントローラ専用機と化した。
何か使用したくても
仮想マシンはCPU的に負荷が耐えられないし
使用用途が思いつかない。
たぶん、ない。

NUC6i5SYH も
低負荷の仮想マシンを頑張って4台稼働なので
NUC10i7FNHを購入した現在、
中途半端な位置づけになっている。

最初は、NUC DN2280FYKHだけ
売ろうかと思ったのだが
CPUベンチマークのスコアを見ると
NUC DN2280FYKH NUC6CAYH
2台ぶんのスコアをNUC6i5SYHで
カバーできることに気づいた!!

CPUスコア
NUC6i5SYH > NUC DN2280FYKH + NUC6CAYH



【スポンサードリンク】


血の入れ替えは必要だし、
進化しない種は滅びる 
 By 相当古いMicrosoft Visual Studioのキャッチコピー

時として切り捨てなければならないことがある。
 By B.B 森山仁が松原 小雪に言ったセリフ

これは、買い替えの気分が盛り上がる!

というのも、
2020年末、
我が家の帝国、ベイダー卿である
かみさんから
惑星ホスの戦い
の急襲をうけ、
2台の
HP ML110 G5  CPU Xeon 3350 メモリ8G 

ストレージサーバ用のDELL SC420 

合計3台をハードオフに廃棄してきた。
じゃんぱらに、見積依頼したが、
本体は古すぎて値段がつかず、、、

SSDが合計1T、NICも合計4個付いた状態で1,300円

パソコンは、古くなると値段がつかないので
3年ぐらいつかって、中古でうってのサイクルが
望ましいよね、、、
今まで、わかっちゃいたけど、
面倒くさがったいたんだよなー

ということで、
私が初めて買った初号機
NUC DN2280FYKH を売ることにした。

今なら
じゃんぱらで、上限2,500円で売れる可能性がある
HP、DELL機の惨劇を鑑みると
決断も必要だ、、、

to be continued...



以下は、NUC10i7FNHの勇姿!
SSDは要注意!



【スポンサードリンク】



以下は、なるべく安くしたい時の
ご参考
【スポンサードリンク】







NUC7CJYH 
Intel® Celeron® J4005 Processor




NUC7PJYH
Intel® Pentium® Silver J5005 Processor

以下Amazonの商品名、
Intel® Celeron® プロセッサを
搭載ってなっているが、
仕様の記載にはIntel® Pentium®
単なる誤記だと思うが、、、



AMD RyzenのNested Hyper-Vサポートに関しては
以下ご参考してください。
現時点6月6日では、非サポート
ただし
Windows 10 Insider Preview Build 19645 で
AMD RyzenでもNested Hyper-Vが動作するらしい。
あくまでも、Preview環境でだが
でも、Windows 10 の機能更新プログラムで
正式サポートされるのも近そうだな
















上記のNUCで、
以下の無線マウス、キーボードで
USB Power on できると思う、、、







このエントリーをはてなブックマークに追加

WindowsFirewall_Dialog_on_Windows10

【スポンサードリンク】



私のメインマシン、NUC10iFNHには
標準で
カメラ、マイク、スピーカーはついていない。

以下の雑誌で、
iPhoneとWebカメラとして
PCに接続する記事を見つけた。

うまく接続できなかった時の
トラブルシュートも記載。

Hyper-VペアレントOS
Windows Server 2019

Hyper-V上の仮想マシンである
Windows 10 でも使用できることを確認した!!

【スポンサードリンク】
相変わらず日経の記事は質が高い
数少ないWindows系月刊誌
頑張ってほしい



私が使用できるPCでWebカメラが
付いているのは、

カミさんの古い 
ASUS VivoBook S500CA

会社から貸与頂いている
Windows Surface Go (2ではなく、初期型)

なので、自由に使用できる

Intel NUCには、
 NUC10iFNH
 NUC6CAYH
 NUC DN2280FYKH

Webカメラが標準では搭載されていない。

さらに、iPhoneと比べると
ASUS VivoBook S500CAのカメラは
画像が粗い、、、
仕方なく
娘たちは、塾のオンライン授業で
使用していたが、、、

最近、つくづくiPhoneのカメラ
きれいだなーと思う。

ま、私はカメラにあまり興味がない
せいもあるのかもしれないが、、、

ASUS VivoBook S500CAも、
タッチパネル、カメラ、Hyper-Vも対応したCPUで

当時、6万円弱だったともうのだが、
カミさんの予算内で私が見繕って
触らせてもらったものだ。

タッチパネルを試したかったんだよね。

あと、Windows 10から削除された機能
Windows To Go
なので、そこそこいい品定めだったと思う。

このご時世なので、プライベートでも
TeamsやZoomでWebカメラを
使用できてもいいなと思っていたときに、
以下雑誌の面白い記事を見つけた。

流石に、会社貸与Surfaceに
いろいろインストールするのは
チャレンジングすぎる

記事は
iPhoneをWebカメラとしてPCに接続するというもの

外付けのWebカメラか買う?って躊躇していたので
これはいい!!

少し前に、
iPhoneのスタンド買ったまま使ってない、、、
のもあるから!
結構時間かけて品定めしたから、
使わなければ

【スポンサードリンク】
相変わらず日経の記事は質が高い
数少ないWindows系月刊誌
頑張ってほしい



WindowsFirewall_Dialog

手順としては、
  1. iPhone にApp Storeから、iVCamをインストール
  2. Windowsに、iVCamをインストール
  3. 必要に応じて、Windows Firewall でiVCamを許可する

初回、iVCamを起動時に、以下の画像が表示されたら
[アクセスを許可する]を押す。
表示されなかったり、うまく接続できない時は
以下のWindow Filerのルールを確認、
なければ、手動で作成する。

Windows Server 2019は、ダイアログ表示されなかったので
手動で作成が必要。
WindowsFirewall_Rule_for_iVCam
記事では、iPhoneとPCを同じWi-Fi親機に接続すると
記載されていて、同一サブネットの端末であることが
前提条件かと思ったが、私の仮想マシンはルータを超えて
iVCamが使用できた。
どうやら、iPhoneとPCがネットワーク的に接続できれば
使用できそうだ。

記事には、Teams、Zoomのカメラとして
使用できると記載されているので
近いうちに試したいと思う。

to be continued...

【スポンサードリンク】




以下は、NUC10i7FNHの勇姿!
SSDは要注意!



【スポンサードリンク】



以下は、なるべく安くしたい時の
ご参考
【スポンサードリンク】







NUC7CJYH 
Intel® Celeron® J4005 Processor




NUC7PJYH
Intel® Pentium® Silver J5005 Processor

以下Amazonの商品名、
Intel® Celeron® プロセッサを
搭載ってなっているが、
仕様の記載にはIntel® Pentium®
単なる誤記だと思うが、、、



AMD RyzenのNested Hyper-Vサポートに関しては
以下ご参考してください。
現時点6月6日では、非サポート
ただし
Windows 10 Insider Preview Build 19645 で
AMD RyzenでもNested Hyper-Vが動作するらしい。
あくまでも、Preview環境でだが
でも、Windows 10 の機能更新プログラムで
正式サポートされるのも近そうだな
















上記のNUCで、
以下の無線マウス、キーボードで
USB Power on できると思う、、、







このエントリーをはてなブックマークに追加

衝撃の情報を目にした!

スマホでChromeのおすすめ情報に、
Intel NUC Core i3搭載モデルが、9,800円

後で、細かくみるかと思っていたら
その日の夕方に記事が更新され
いくつかある製品の目玉である
9,800円のものは、売り切れとのこと、、、

そりゃそうだよなー
9,800円は単純に安い!

ということで、逃がした魚は
どれだけのものだったのか調べてみよう



【スポンサードリンク】


第5世代とはいえ
単純に、Core i3が9,800円
Celeronじゃあ、ないんだよね!?

Intel_NUC5I3RYHS


以外だった
Intel NUC6CAYHのほうが、
CPUのスコア高いんだ

何気に、
NUC6CAYHって
頑張ってるんだよなー
17,000円程度でメモリ16Gは重宝した


ちょっと
Core i3 に惹かれ
9,800円だったら
Intel NUC DN2280FYKHを
買い替えてもいいなーっと思ったが、、、

売り切れと記事を見たとき
もっと早く、スペックを確認して
買えばよかったのに~っと
悔しかったが、
そこまでのダメージじゃないな

Intel NUC6CAYHの名機っぷりを
感じてこの件は収束かな


現在、我が家は、もう少しで
惑星ホスの戦いが始まる。

白い壁と、無造作に垂れ下がるケーブル類が
スターウォーズ 帝国の逆襲 序盤の
惑星ホスのエコーベース秘密基地のようだ
Star_Wars_EchoBase_ON_Hoth



2人の娘の部屋を
1人1部屋にするために
我が家の帝国、ベイダー卿である
かみさんからの最後通告があった。

リビング脇の、秘密基地である
私の机、歴戦の名機
2台の
HP ML110 G5  CPU Xeon 3350 メモリ8G 

DELL SC420 ストレージサーバ用の

今週末、
AT-ATスノーウォーカーが急襲してくるので
合計3台の廃棄をしなければならない

さらば、
DELL SC420
HP ML110 G5 




NTT-Xストアで放出品である
HP ML110-G5は
初めてCPU換装をして
Hyper-V環境の検証を支えてくれた
名機だった!!

本体は16,000円と
メーカー製としては破格の値段だった。

2台、買って
Hyper-Vクラスタ環境を構築し
System Center Family製品を検証したのが
なつかしい。

断腸の思いであるが
スペック、置き場所を考えると
血の入れ替えは必要だ。

NUCの小ささは
本当に重宝する

to be continued...





以下は、なるべく安くしたい時の
ご参考
【スポンサードリンク】







NUC7CJYH 
Intel® Celeron® J4005 Processor




NUC7PJYH
Intel® Pentium® Silver J5005 Processor

以下Amazonの商品名、
Intel® Celeron® プロセッサを
搭載ってなっているが、
仕様の記載にはIntel® Pentium®
単なる誤記だと思うが、、、




AMD RyzenのNested Hyper-Vサポートに関しては
以下ご参考してください。
現時点では、非サポート













上記のNUCで、
USB Power on できると思う、、、






このエントリーをはてなブックマークに追加

WindowsServer2019_on_NUC10i7FNH

NUC10iFNHで 
Windows 10 仮想マシンを作成
Windows 10 インストール・起動するのに
どれぐらいの時間が、かかりますか?

No編集、早送りとかしていません


動画のサイズ大きくしたい時、リンク

この後、2、3台同時に作成しても
少しファンが回るけど
メモリ
CPUまだ余裕あり!

ファンの音も、IntelDX2時代に比べれば
静かなもんですよ

to be continued...


以下は、
なるべく安くNUC環境が欲しい時の
ご参考


【スポンサードリンク】







NUC7CJYH 
Intel® Celeron® J4005 Processor




NUC7PJYH
Intel® Pentium® Silver J5005 Processor

以下Amazonの商品名、
Intel® Celeron® プロセッサを
搭載ってなっているが、
仕様の記載にはIntel® Pentium®
単なる誤記だと思うが、、、




AMD RyzenのNested Hyper-Vサポートに関しては
以下ご参考してください。
現時点では非サポート









上記のNUCで、
USB Power on できると思う、、、






このエントリーをはてなブックマークに追加

Oder_CORSAIR_Mdot2_SSD_Force_MP510

M.2 SSDを買うときに
タイプは、
PCIe 3.0 ×4
を選ぶこと。

間違っても
SATA M.2を買ってはいけない。

SATA M.2は、
2.5 inch SSDと同じ性能
読み取り 500MB/s 程度、、、

NUC10i7FNHを購入した時
M.2なら2.5 inch SSDより
すべからく速いと勘違いしていた、、、
タイプの知識がなかった、、、

くー

頭にきたから
中途半端ではなく最速を目指す。

<< 下に続く >>


事の発端は、
奮発して購入した
NUC10i7FNHのM.2 SSDや、
Hyper-VクラスタのCSV専用機
Clustered Shared Volumes
DELL SC420の仮想ディスクの
計測をしようと思い
まず、
NUC10i7FNHのM.2 SSD

何が起きているかさっぱりわからない
なんで、
読み取り 500MB/s ってなんだ!
SSD_SCORE_Mdot2-2280_SATA_WDS100T2B0B-EC

I got a bad feeling about this
嫌な予感がするぜ、、、
Western_Digital_SSD_1TB_WD_Blue_PC_Mdot2-2280_SATA
調べてみると
私が購入したのは
SATA M.2
そりゃ、
読み取り 500MB/sだよなー

急いで注文したから、、、
って言い訳ならない
ショック
久々に授業料払ってしまった

頭にきたから
Amazon で速攻注文!

読み取り約3,500MB/s

CORSAIR M.2 SSD
Force MP510シリーズ 960GB 
Type2280 / PCIe3.0×4 NVMe1.3 
CSSD-F960GBMP510B HD2722

500GBと悩んだが、
やっぱり約1TBに惹かれた。

NUC全般の弱点として
拡張性、
SSD、メモリの空きスロットの数が少ない
なので
断腸の思いで
¥21,000円投入


ちょうど
日経PC21にも特集されていた。

PCIe3.0×4 NVMeと
SATA M.2のぱっと見の区別の仕方

切り吹きが1つPCIe
切り吹きが2つSATA

過去の投稿のリンクも
修正しなければ、、、

結構、
Windows Server 2019 環境構築してしまったので
再インストールも気が重い。

だが、
宇宙(そら、クラウド)に
主戦場が移りつつある今
初心に帰って
SCRAP & BUILD

to be continued...



以下は、NUC10i7FNHの勇姿!
SSDは要注意!



【スポンサードリンク】








以下は、なるべく安くしたい時の
ご参考
【スポンサードリンク】







NUC7CJYH 
Intel® Celeron® J4005 Processor




NUC7PJYH
Intel® Pentium® Silver J5005 Processor

以下Amazonの商品名、
Intel® Celeron® プロセッサを
搭載ってなっているが、
仕様の記載にはIntel® Pentium®
単なる誤記だと思うが、、、




AMD RyzenのNested Hyper-Vサポートに関しては
以下ご参考してください。
現時点6月6日では、非サポート













上記のNUCで、
以下の無線マウス、キーボードで
USB Power on できると思う、、、







このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ