NUC10i7FNHを購入して、Hyper V環境を構築するための備忘録

2018年は、スマートウォッチ元年、激闘の日々
2019年2月、ついにiPhone、Apple Watch Series 4購入
第11世代のCPU、GPUを待ちきれず
2020年6月、ついにNUC10i7FNH、メモリ64G環境購入
NIKE+ と 情報処理安全確保支援士の受験戦記など、雑記も

カテゴリ: iPhone



【スポンサードリンク】


2021年1月27日に
ついに日本でApple Watch 心電図(ECG)アプリが
使えるようになった。

ECGは
Electrocardiogram 心電図の略称らしい。

心電図を計る機能は
Apple Watch Serier 4 を購入したくなった
きっかけの機能の一つ!

ま、以下の2つで十分満足だったが
Nike Run Clubで
ジョギングのワークアウト
スイミングのワークアウト

ハードが対応しているのに、、、

日本で、心電図を計る機器やアプリは
厚生労働省から認可必要らしく
私がApple Watch Serier 4を購入したとき
Appleは、厚生労働省に申請すらしていないこと知り
がっかりしたものだった。

日本の省庁、医療機器メーカー等の壁があるから
Appleも頑張って、申請とかしないだろうと
あきらめていた。

それから、時間がたち
2020年の秋に、Appleが厚生労働省に
申請したと知ったときは、うれしかったなー

そしてついに日本で使えるようになった!

偶然、リリース当日にしり、
人柱覚悟で
iPhone Xs に iOS14.4
Apple Watch Serise 4にWatch OS 7.3

iPhone Xsのバックアップを
intunes on Windows Server 2019 でとって
トータル1時間で完了

心電図を計ってどうるの!?って感じもあるが
大変な自己満足を得られた!

スイミングのワークアウト
心拍数を図れる
これだけできれば、
目新しい、わくわくする機能はないかなって思ってたが
まだまだ、スマートウォッチ楽しませてくれるかも

何気にスマートウォッチ
以下の機能が実用的に使える
  • 電話 with Bluetoohイヤホン
  • Siri
  • リマインダー
  • タイマー

to be continued...


【スポンサードリンク】



【スマートウォッチの歴史】





このエントリーをはてなブックマークに追加

WindowsFirewall_Dialog_on_Windows10

【スポンサードリンク】



私のメインマシン、NUC10iFNHには
標準で
カメラ、マイク、スピーカーはついていない。

以下の雑誌で、
iPhoneとWebカメラとして
PCに接続する記事を見つけた。

うまく接続できなかった時の
トラブルシュートも記載。

Hyper-VペアレントOS
Windows Server 2019

Hyper-V上の仮想マシンである
Windows 10 でも使用できることを確認した!!

【スポンサードリンク】
相変わらず日経の記事は質が高い
数少ないWindows系月刊誌
頑張ってほしい



私が使用できるPCでWebカメラが
付いているのは、

カミさんの古い 
ASUS VivoBook S500CA

会社から貸与頂いている
Windows Surface Go (2ではなく、初期型)

なので、自由に使用できる

Intel NUCには、
 NUC10iFNH
 NUC6CAYH
 NUC DN2280FYKH

Webカメラが標準では搭載されていない。

さらに、iPhoneと比べると
ASUS VivoBook S500CAのカメラは
画像が粗い、、、
仕方なく
娘たちは、塾のオンライン授業で
使用していたが、、、

最近、つくづくiPhoneのカメラ
きれいだなーと思う。

ま、私はカメラにあまり興味がない
せいもあるのかもしれないが、、、

ASUS VivoBook S500CAも、
タッチパネル、カメラ、Hyper-Vも対応したCPUで

当時、6万円弱だったともうのだが、
カミさんの予算内で私が見繕って
触らせてもらったものだ。

タッチパネルを試したかったんだよね。

あと、Windows 10から削除された機能
Windows To Go
なので、そこそこいい品定めだったと思う。

このご時世なので、プライベートでも
TeamsやZoomでWebカメラを
使用できてもいいなと思っていたときに、
以下雑誌の面白い記事を見つけた。

流石に、会社貸与Surfaceに
いろいろインストールするのは
チャレンジングすぎる

記事は
iPhoneをWebカメラとしてPCに接続するというもの

外付けのWebカメラか買う?って躊躇していたので
これはいい!!

少し前に、
iPhoneのスタンド買ったまま使ってない、、、
のもあるから!
結構時間かけて品定めしたから、
使わなければ

【スポンサードリンク】
相変わらず日経の記事は質が高い
数少ないWindows系月刊誌
頑張ってほしい



WindowsFirewall_Dialog

手順としては、
  1. iPhone にApp Storeから、iVCamをインストール
  2. Windowsに、iVCamをインストール
  3. 必要に応じて、Windows Firewall でiVCamを許可する

初回、iVCamを起動時に、以下の画像が表示されたら
[アクセスを許可する]を押す。
表示されなかったり、うまく接続できない時は
以下のWindow Filerのルールを確認、
なければ、手動で作成する。

Windows Server 2019は、ダイアログ表示されなかったので
手動で作成が必要。
WindowsFirewall_Rule_for_iVCam
記事では、iPhoneとPCを同じWi-Fi親機に接続すると
記載されていて、同一サブネットの端末であることが
前提条件かと思ったが、私の仮想マシンはルータを超えて
iVCamが使用できた。
どうやら、iPhoneとPCがネットワーク的に接続できれば
使用できそうだ。

記事には、Teams、Zoomのカメラとして
使用できると記載されているので
近いうちに試したいと思う。

to be continued...

【スポンサードリンク】




以下は、NUC10i7FNHの勇姿!
SSDは要注意!



【スポンサードリンク】



以下は、なるべく安くしたい時の
ご参考
【スポンサードリンク】







NUC7CJYH 
Intel® Celeron® J4005 Processor




NUC7PJYH
Intel® Pentium® Silver J5005 Processor

以下Amazonの商品名、
Intel® Celeron® プロセッサを
搭載ってなっているが、
仕様の記載にはIntel® Pentium®
単なる誤記だと思うが、、、



AMD RyzenのNested Hyper-Vサポートに関しては
以下ご参考してください。
現時点6月6日では、非サポート
ただし
Windows 10 Insider Preview Build 19645 で
AMD RyzenでもNested Hyper-Vが動作するらしい。
あくまでも、Preview環境でだが
でも、Windows 10 の機能更新プログラムで
正式サポートされるのも近そうだな
















上記のNUCで、
以下の無線マウス、キーボードで
USB Power on できると思う、、、







このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ