NUC10i7FNHを購入して、Hyper V環境を構築するための備忘録

2018年は、スマートウォッチ元年、激闘の日々
2019年2月、ついにiPhone、Apple Watch Series 4購入
第11世代のCPU、GPUを待ちきれず
2020年6月、ついにNUC10i7FNH、メモリ64G環境購入
NIKE+ と 情報処理安全確保支援士の受験戦記など、雑記も

タグ:BenchMark

Windows11_InsiderPreview_build22454.1000.tasmgr
【スポンサードリンク】



少し前に、
2021年10月5日に
Windows 11のリリースの発表があった
そのことを知ったのと
Windows 11 preview の
ISOが提供されていることを
知ったので、
インストールしてみた。

今までは、ライセンス認証された
環境からでないと
Windows 11 preview環境を構築できなかったが
直接Hyper-V環境に
Windows 11を構築することができるはず!



早速 ISOをダウンロード
まだ、日本語ページはないようだが
言語を選択すれば、
日本語環境がインストールできた!

Windows 10 とタイトルにはあるが
Windows 10 とWindows 11 のInsider Preview の
ISOが、以下のMicrosoftのリンクから入手できる!


上記リンクのページの下のほうに、
Select edition以降のプルダウンで
選択してISOをゲット!!

Windows11_InsiderPreview_ISO_SelectEdition

64Gbyte メモリ積んでるので
Windows 11 も余裕で動作!
とりあえず、
20Gbyte与えてみました。

Windows 10と同様に
インストール完了、
サインインして
デスクトップ画面の表示まで
10分!
その雄姿を、
No編集の動画を是非見てほしい
Windows 3.1 のフロッピー10枚差し替え
ほぼ半日とはわけが違う!!



10分でクリーインストール環境が手に入る!
検証しまくり!って環境があるのに
もっとちゃんとやらなくては、、、
とくに、クラウド(宇宙)
いまだに、重力に引かれている、、、

仕事ととして、どれだけ
効果があるかわらないが
個人的に、
Windows 11で、Androidアプリが
動作させることができるらしいので
試したくてしょうがない。

この機能の
個人用向けなんだろうな~

Windows上でAndroidアプリ
動作させるメリットが
思い浮かばない

ましては、それを
企業でやるメリットは?

昭和生まれには、発想できないのか!?

ただ、
Nike Running Club を
PCで動作させたいという
衝動に駆られている
今日この頃です。

そんなことより、
本当は情報処理安全確保支援士の
準備すべきなのだが、
まったく手につかない、、、

to be continued...

【スポンサードリンク】


以下は、NUC10i7FNHの勇姿!
SSDは要注意!

当然、USB Power ON 
キーボードから電源も入れられる!











このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows11_inseiderPreview_UpdateAndSecurity

【スポンサードリンク】



2021年7月10日に、
Windows11 previewを
NUC10i7FNHにインストールした。
Devチャンネル
バージョンは、10.0.22000.71

何気に、この時点では
インストールするのに苦労した。

2021/7/10時点で
Windows 11 preview は
ISOとして提供されておらず
Windows 10 を起動して
[更新とセキュリティ]
[Windows Insider Program]の画面で
更新プログラムとして
インストールしなければならない。

以下コマンドで、
以下の操作をせずに、直接開ける
[スタート]-[設定]-[更新とセキュリティ]

start ms-settings:windowsupdate

Windows10_Settings_windowsUpdate

左のペインの
Windows Insider Program
を選択する

Windows Insider Programは
開発者などが、製品発売前に
評価、テストをする環境なので
バグがあるのを承知の上で使用しなければならない

ようするに、
何が起きても自己責任

そのような環境なので
実運用環境、普段使い環境には適さない

現在の私のWindows 10環境は
Hyper-V上にある
評価版しかないので、
削除しても問題ない環境に
Windows 11 previewをインストールしようと思ったら、、、

どうやら、
Windows 10 評価版には
Windows 11 preview インストールできない、、、

まいったなぁ~ 

Windows 10 ライセンス持ってないし
手元に、Windows 10 物理マシンに
インストールするのもな~

NUC10i7FNH は一応
デュアルブートにしてあり
Windows Server 2019 をメイン
Windows 10 
としてあるが、、、

だが、
閃いた!!

私は、Windows 8.1 pro
のライセンス持っている

Windows 10 無償アップグレード
まだできれば
できればなんとかなる

to be continued...

【スポンサードリンク】


以下は、NUC10i7FNHの勇姿!
SSDは要注意!

当然、USB Power ON 
キーボードから電源も入れられる!











このエントリーをはてなブックマークに追加

BenchMark_NUC10i7FNH_vs_NUC6i5SYH

2021年の初頭に、第11世代のNUCが販売されるという情報を
2020年末に見ていた。

2020年末には、ツクモのセール品
9,800円で第5世代 Core i3 NUC5I3RYHSが売られていた。


すぐ売り切れてしまって、
くっそーと思ったのだが、
よく調べてみると、所有している
第6世代 Celeron NUC6CAYHのほうが、
単純なCPUベンチマークのスコアでは
優っており溜飲がさがった。

ま、

そう簡単に安くならないよね、、、
それと、
NUC6CAYHって頑張ってるなーと思う



NUC6i5SYH 
はちょっと買ってもいいかなって気がする。

そろそろ
NUC DN2280FYKHを、
引退させようと思っていたからだ。

そして現在の使用状況を鑑みると
NUC DN2280FYKHは、
ドメインコントローラ専用機と化した。
何か使用したくても
仮想マシンはCPU的に負荷が耐えられないし
使用用途が思いつかない。
たぶん、ない。

NUC6i5SYH も
低負荷の仮想マシンを頑張って4台稼働なので
NUC10i7FNHを購入した現在、
中途半端な位置づけになっている。

最初は、NUC DN2280FYKHだけ
売ろうかと思ったのだが
CPUベンチマークのスコアを見ると
NUC DN2280FYKH NUC6CAYH
2台ぶんのスコアをNUC6i5SYHで
カバーできることに気づいた!!

CPUスコア
NUC6i5SYH > NUC DN2280FYKH + NUC6CAYH



【スポンサードリンク】


血の入れ替えは必要だし、
進化しない種は滅びる 
 By 相当古いMicrosoft Visual Studioのキャッチコピー

時として切り捨てなければならないことがある。
 By B.B 森山仁が松原 小雪に言ったセリフ

これは、買い替えの気分が盛り上がる!

というのも、
2020年末、
我が家の帝国、ベイダー卿である
かみさんから
惑星ホスの戦い
の急襲をうけ、
2台の
HP ML110 G5  CPU Xeon 3350 メモリ8G 

ストレージサーバ用のDELL SC420 

合計3台をハードオフに廃棄してきた。
じゃんぱらに、見積依頼したが、
本体は古すぎて値段がつかず、、、

SSDが合計1T、NICも合計4個付いた状態で1,300円

パソコンは、古くなると値段がつかないので
3年ぐらいつかって、中古でうってのサイクルが
望ましいよね、、、
今まで、わかっちゃいたけど、
面倒くさがったいたんだよなー

ということで、
私が初めて買った初号機
NUC DN2280FYKH を売ることにした。

今なら
じゃんぱらで、上限2,500円で売れる可能性がある
HP、DELL機の惨劇を鑑みると
決断も必要だ、、、

to be continued...



以下は、NUC10i7FNHの勇姿!
SSDは要注意!



【スポンサードリンク】



以下は、なるべく安くしたい時の
ご参考
【スポンサードリンク】







NUC7CJYH 
Intel® Celeron® J4005 Processor




NUC7PJYH
Intel® Pentium® Silver J5005 Processor

以下Amazonの商品名、
Intel® Celeron® プロセッサを
搭載ってなっているが、
仕様の記載にはIntel® Pentium®
単なる誤記だと思うが、、、



AMD RyzenのNested Hyper-Vサポートに関しては
以下ご参考してください。
現時点6月6日では、非サポート
ただし
Windows 10 Insider Preview Build 19645 で
AMD RyzenでもNested Hyper-Vが動作するらしい。
あくまでも、Preview環境でだが
でも、Windows 10 の機能更新プログラムで
正式サポートされるのも近そうだな
















上記のNUCで、
以下の無線マウス、キーボードで
USB Power on できると思う、、、







このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ